アメリカの実験で分かった「子供の時間感覚」

子供に時間感覚を教えるにはどうしたらいい?

子供に時間感覚を教えるにはどうしたらいい?

朝の支度は、親子ともに1日の中で一番バタバタする時間。
「あと5分で着替えて」
「8時には出るからね」
と子供に言ったものの、数分後に見に行ったら、なんとまだパジャマのまま……。
「○時」や「○分」という言葉が分かっているだけに、親も期待してしまい、「なんで時間を守らないの」と怒ってしまいます。

なぜ時計は読めても、時間通り行動できないのでしょうか? 最近アメリカで行われた実験が、子供の時間への理解について教えてくれています。早速ご紹介しましょう。

その実験では、3~6歳の子に次のような質問をしました。
  • Aさんは1分間ジャンプをし続けました
  • Bさんは1時間ジャンプをし続けました
では、どちらがたくさんジャンプをしましたか?

その他にも、「秒」「日」「月」「年」という時間の単位を用いて、同様の例題を作り、子供たちに比較をさせました。その結果見えてきたのは、4歳くらいまでには、ほぼ正確に時間の単位を把握しているということ。

しかし、質問のレベルを一段階上げると、その知識が揺らぎました。
  • Aさんは3分間ジャンプをし続けました
  • Bさんは2時間ジャンプをし続けました
では、どちらがたくさんジャンプをしましたか?

大人であれば、分数や時間数が増減したところで、その判断に迷うことはありません。しかし、子供たちにとって、これらは非常にトリッキーな問題で、5歳の子でさえも、数の多いAさんの方を選ぶ傾向が強かったのだそうです。1分よりも1時間の方が長いことは知っている。でも2よりは3の方が大きいという知識の方が、前に出てきてしまったわけです。

また、5~7歳の子を対象にした別の実験でも、面白いことが分かりました。子供たちに、「○○にかかる時間」を短いものから長いものへと順番に並べてもらったところ(例:まばたきの時間=非常に短い、朝から夜までの時間=非常に長い)、順序自体は正しく並べられても、それぞれの行為がどれくらいの時間を要するのか(○秒なのか、○時間なのか、など)までは理解していないことが分かりました。

次ページでは、「時計が読める=時間管理ができる」ではない事について説明します。