家の中がじめじめ、玄関は臭いも気になる

夏は匂いも

玄関まわりは靴の湿気もあり、さらにじめじめ、臭いも気になる。

夏の暑い日でも、さわやかな風が通れば涼しく感じます。しかし家の風通しが悪いと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。特に玄関まわりは靴の湿気もあるので、さらにじめじめ、臭いも気になります。

風通しの秘訣は、風の入口と出口が向かい合い、そこになだらかな風の道筋を作ることにあります。

しかし日本の家では、太陽の光を求めて南側にリビングや和室などの部屋をまとめ、北側に水まわりや玄関を配置しているので、南北の風の道筋が分断されている家が少なくないのです。 

クールリフォーム-その3
イマドキの玄関ドア工事は、1日でできて風も通してくれる

そこで玄関を開け放って風の出入り口を作れば、じめじめや臭いも解消、家の中に風が通るようになります。しかし防犯や美観上の問題から、あきらめている人も少なくないことでしょう。

そこで風通しの良い快適空間をつくるための「クールリフォーム」-その3は、採風窓がある玄関ドアへの交換です。LIXILのリフォーム玄関ドア<リシェントII>は、開閉できるスリット窓が付いているので、ドアを閉めたまま家の中に風と光を取り込むことができます。また防犯性が高く、スリットには網戸がついているので虫対策も万全。さわやかで気持ちのいい玄関になります。

玄関は大事

LIXILのリフォーム玄関ドア<リシェントII>は工事が1日で完成。


さて玄関ドアのリフォームというと、やはり気になるのは工事にどれくらいかかるかというところ。工事中の防犯の問題もあります。確かにひと昔前の玄関ドアリフォームは1週間程度かかるほどの大工事でした。しかしリフォーム技術の進歩により、現在は約1日で完成します。

その秘密はカバー工法という工事方法にあります。リフォームで大変なのは解体工事ですが、カバー工法なら壁や床を壊さず、今ある枠に新しい枠をかぶせて、新しいドアをセットするだけなので、住んでいる人も工事する人も、とても楽になったのです。

玄関は家の顔です。リシェントIIには様々なデザインがそろっていますので、通風や採光、防犯の機能を高めるのはもちろん、デザインにもこだわって、わが家の顔に相応しいドア選びを楽しんで下さいね。

クールリフォームで快適&省エネな暮らしを

クールリフォーム

2時間からできる手軽なクールリフォームで快適・省エネに。

夏を涼しく過ごす秘訣は、まずは日差しを遮る遮熱、熱を入り込ませない窓の断熱、そして風通しです。

30分からできる手軽なクールリフォームでこの夏を快適に省エネに過ごしましょう。


LIXILのクールリフォーム
スタイルシェード
インプラス
リシェントII

LIXIL クールリフォームキャンペーン(2015年8月31日まで)
対象商品を成約された方の中から抽選で豪華商品の当たるキャンペーンも実施中です。

取材協力:LIXIL
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。