今年も暑い夏がやってきました。今回は、この夏にまだ間に合う、我が家を手軽に涼しくできる、LIXIL(リクシル)の「クールリフォーム」をご紹介します。

汗を流しながら炊事、洗濯、掃除をする夏

暑い中たたむ人

夏、汗を流しながら炊事、洗濯、掃除をするのは辛いもの。

暑い夏、汗を流しながら料理をしたり、洗濯物を畳んだり、掃除機をかけたり。ただでさえメンドウな家事が、更に大変に感じる季節です。

かと言って、エアコンをつけっ放しにしていたら健康に悪そうだし、冷暖房費も気になります。

ちなみに、省エネで推奨されている夏のエアコンの設定温度は28度です。でも28度ではちょっと暑いと感じている人も多いのではないでしょうか。

実は同じ28度でも暑く感じる家と涼しく感じる家があります。暑さを感じる原因は空気の温度だけではありません。日射熱、湿度、風の流れなど様々な要因が組み合わさることで、人は暑く感じたり、涼しく感じたりしています。

そのあたりをシッカリおさえておけば、住まいの小さな工夫で、この夏を涼しくすることが可能なのです。 

室内への直射日光、窓外の熱だまりが暑さの原因に

夏の高温

暑さの原因は室温だけではなく、太陽の直射日光による日射熱が大きな原因に。

夏に暑さを感じる大きな原因となっているのが、太陽の直射日光による日射熱です。夏の強い陽ざしが室内に入り込んでくると、窓まわりや壁、床をあたため、体感温度を急上昇させてしまいます。

また見落としがちなのが、窓の外にできる熱だまりです。ベランダの床や手すりなどに直射日光があたると、表面温度が60度を超えることもあります。そんな発熱体が窓のすぐそばにあれば家の中は暑くて当然です。

エアコン28度の設定温度で暑さを感じる家の多くは、この日射熱による暑さが原因になっています。いくら室温を下げても、この日射熱を防がない限り、暑いまま。まずは家の中に直射日光を入れないこと、加えて窓の外側に日よけを作って太陽光をしっかり遮ることが、暑さを防ぐための大きなポイントになります。

クールリフォーム-その1
スタイルシェードで、窓の外からしっかり日差しを遮る

日よけは、窓ごとおおうのはもちろん、外部の地面を覆うことで更に効果が高まります。そこでおすすめの、すぐできて効果が実感しやすい「クールリフォーム」-その1は、窓の外で夏の直射日光を遮ること!

イマドキは、LIXILの日よけ<スタイルシェード>が便利です。これは、ロールスクリーン型の日よけで、窓の外側からしっかり日差しをカットしてくれるのはもちろん、ベランダやデッキにも取り付けることができるので、気になる屋外の熱だまり対策にもなります。

窓外遮光

LIXILの日よけ<スタイルシェード>取り付けは1窓30分ほどでできる。


スタイルシェードの使い方は簡単。上の写真のように、日差しが気になる時だけさっと出して、使わない時は、するするっと上部のボックスに巻き取ります。スダレや緑のカーテンのように、秋になったら片付ける必要が無いのがうれしいところです。

取り付け工事は一箇所30分程度と簡単で、どんなテイストの住まいにもなじみやすいシンプルなデザインです。また熱の侵入を防ぎながらも、一定の光は通過するつくりになっているので、シェードを閉めても室内は明るいまま。日当たりのいい部屋、特に西日が入る部屋は、窓の外から日差しをしっかり遮って、夏を涼しく過ごしましょう。

気になるエアコンの電気代、窓からエネルギーが垂れ流し?

さて、夏に気になるものと言えば、やはりエアコンの電気代です。7月、8月、9月は電気代が跳ね上がってしまっているという家も多いのではないでしょうか。
熱貫入率イラスト

いくらエアコンを冷やしても、窓からどんどん熱が入ってくる。


エアコンの電気代を節約するポイントは2つあります。1つめは効率のいいエアコンを使うこと、そして2つめはエアコンが効きやすい家にすることです。

実は夏の冷房時、外から入ってくる熱の73%(※)が窓から侵入しているというデータがあります。そんな状況では、いくらエアコンを付けても冷房効率が悪く、電気代はかさんでしまいます。

これは冬の暖房時も同じです。古い家は窓の断熱性能が低いため、冷暖房のエネルギーが窓から垂れ流しになっている家が少なくないのです。
(※平成4年制定の省エネ基準で建てたモデルケース)

クールリフォーム-その2
内窓インプラス遮熱タイプの取り付けで、年間の冷暖房費が大幅ダウン

エアコンの効率を上げて、夏は涼しく、冬は暖かく、光熱費を抑えるために大事なポイントは、窓の性能を上げて熱の流出入を抑えることにあります。

これを解決するための「クールリフォーム」-その2は、窓の断熱性を高める遮熱タイプの内窓の取り付けです。LIXILの断熱内窓<インプラス>遮熱タイプは、今ある窓の内側に取り付けて二重窓にすることで、外窓との間に空気層ができ、熱の出入りを抑えてくれます。取り付け工事は約1日。とても手軽なリフォームです。

二重窓

LIXILの断熱内窓<インプラス>はとても手軽にできて効果が高い。


遮熱タイプの内窓を取り付けるリフォームをすると、夏の強い日差しや窓から入る熱をカットし、エアコンの効きはアップ。また夏だけでなく冬の寒さ対策、結露や防音対策にも効果があるので、とてもパフォーマンスのいいリフォームになります。

次のページは、わが家がさわやかになる!クールリフォームその3です。

取材協力:LIXIL