ザ・プリンス パークタワー東京で七夕をテーマにした宿泊プラン

ザ・プリンス パークタワー東京

  プリンスホテルの最上級ブランド「ザ・プリンス」


七夕といえば「織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)」の伝説を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。織姫、彦星といえば、1年に一度、7月7日にだけ会うことを許されている恋人同士というおとぎ話で、七夕=恋人の日というイメージにもなっています。

日本の伝統的な行事である「七夕」と、「ホテル」。一見両者は結びつかなそうですが、天の川や流れ星をテーマにしたホテルグルメや宿泊プランを用意するホテルが意外にあります。その中でも、ちょっと変わった七夕をテーマにした宿泊プランが、ザ・プリンス パークタワー東京で7月1日から発売されています。

「ザ・プリンス パークタワー東京」は、プリンスホテルの最上級グレード「ザ・プリンス」の中でもフラッグシップホテルであると、ホテル評論家のガイドは認識しています。特に夜景は素晴らしく、恋人同士であれば盛り上がり必至のロケーションです。

そんなハイグレードのホテルが用意したのは、七夕のイメージと重なる「遠距離カップルを応援する」プランとのこと。一体どんなプランなのでしょうか!?