画像説明42

両国国技館の相撲の錦絵の前に立つ天龍

相撲はもちろんのこと、プロレスの聖地にもなっている現在の両国国技館は2代目です。旧・両国国技館は1909年(明治42年)に両国回向院の境内に建てられましたが、1917年11月に火事で焼失してしまい、1920年に再建されるも1923年9月1日の関東大震災で焼失。翌21年夏場所から建て直された国技館が使われたのですが、第二次世界大戦中の1944年に大日本帝国陸軍に接収され、終戦後はGHQに接収されてしまいました。その後、両国メモリアルホールとして改修・改装され、1951年9月30日に日本初のプロレス興行が開催されました。

記念すべき初プロレス興行は宗教団体『在日トリイ・オアシス・シュライナーズ・クラブ』の招きで来日したアメリカ人レスラーによるもので、1カ月後の10月28日には同所で元大相撲の関脇・力道山がボビー・ブランズ相手に10分時間切れ引き分けのプロレス・デビュー戦を行っています。

両国メモリアルホールは52年4月1日に接収解除となりましたが、日本相撲協会は新たに蔵前国技館の建築を始めていたため、国際スタジアムに売却され、58年6月には日本大学に譲渡されて日大講堂となりました。この日大講堂でも馬場が72年10月22日に全日本プロレス旗揚げ戦を行うなど、数々のプロレスのビッグマッチが行われています。

力道山、馬場、猪木……昭和の名勝負を生んだ蔵前国技館

新たに誕生した蔵前国技館は相撲地だけでなく、プロレスの聖地にもなりました。54年2月19日、力道山&木村政彦vsシャープ兄弟の日本初の本格的なプロレス国際試合が開催されて日本全国でプロレスブームが巻き起こったのです。同年12月22日には”昭和版巌流島の決闘”と呼ばれた力道山と木村の日本選手権も開催されています。

この蔵前国技館で数多くの名勝負が生まれたのは力道山亡き後の馬場&猪木のBI時代。力道山の後継者としてインターナショナル・ヘビー級王者になった馬場はディック・ザ・ブルーザー、ブルーノ・サンマルチノ、ボボ・ブラジル、ジン・キニスキーらと名勝負を展開し、猪木は66年10月12日に23歳の若さで社長兼エースとして東京プロレス旗揚げ戦を開催してジョニー・バレンタインと伝説の一戦をやっています。

猪木は72年3月に新日本プロレスを旗揚げ後、この蔵前で黄金時代を作りました。ストロング小林、大木金太郎を撃破して実力日本一を邁進し、カール・ゴッチ、ルー・テーズ、ビル・ロビンソンらとはストロング・スタイルの原点を追求しました。タイガー・ジェット・シンやスタン・ハンセンとの抗争、ウィリー・ウイリアムスとのプロレスvs空手も忘れられません。83年6月2日にハルク・ホーガンのアックス・ボンバーを浴びて場外で舌を出して失神したもの蔵前でした。猪木以外にも藤波辰巳(現・辰爾)と長州力の名勝負数え唄がファンを熱狂させました。また84年6月14日には猪木とホーガンの第2回IWGP決勝戦に長州が乱入して猪木がリングアウト勝ちするという不透明決着に怒ったファンがリングに物を投げ込んでパニック状態になり、一部のファンがさらにエスカレートして大相撲の優勝掲額、時計、桟敷席、天皇陛下が座る貴賓席を破壊するるなど暴徒と化す事件も起こっています。

馬場の全日本ではザ・デストロイヤーとミル・マスカラスの覆面世界一決定戦、キャリア半年のジャンボ鶴田が馬場のパートナーに抜擢されてザ・ファンクスのインター・タッグ王座に挑戦して60分時間切れをやってのけた試合、馬場vs大木、テリー・ファンクがアブドーラ・ザ・ブッチャーに左腕をメッタ刺しにされた77年12月8日の『世界オープン・タッグ選手権』、84年2月23日に鶴田がニック・ボックウインクルを撃破して日本人初のAWA世界ヘビー級王者になった試合がオールドファンの印象に残っているのではないでしょうか。

蔵前のプロレス最終興行は84年夏。7月31日の全日本の最終興行では馬場がハンセンを撃破、8月2日の新日本の最終興行では猪木が長州力を撃破してBIの2大巨頭が存在感を見せつけました。

※2015年7月2日【訂正】 本文中に一部誤りがありましたので、訂正をさせていただきました。