関東の女性は、「大阪の男性はイヤ」と思っている?

renaikiji

恋愛記事グラフ 関西・関東

ゴリラクリニック・東京イセアクリニック(医療法人社団十二会)による、関西女性vs関東女性の恋愛アンケートが興味深い。たとえば、以下のような結果。

関東女性の3割が、関西男性を「ケチで、デート代も割り勘にする」と思っているが、実際に関西女性はその半数以下しかそう思っていない。関西女性のほうが関西男性を知っているだろうから、関東女性の感想は、あくまでもイメージでしかない。

昔から、東京人と大阪人と名古屋人が食事に行くと、東京は「おごろう」と考え、大阪は「割り勘にしよう」と思い、名古屋の人は「おごってもらおう」と思う、と言われているそうだ。だから、大阪人はケチという印象があるのかもしれない。

このアンケートによれば、関西女性の恋人選びは、「トーク力」を重視。関東女性の2倍だという。関東女性はむしろ、「聞き上手」の男性を好む傾向がある。
もっとおもしろかったのが、関東女性の2割以上が、「交際相手が大阪人なのは、イヤ」と言っている。これは関西女性の4倍以上の数字となる。

友だちならいいけど、恋人としては……

東京生まれの東京育ちだが、学生時代、大阪出身の男性とつきあったことがある。最初にびっくりしたのは、喫茶店で、「自分、何する?」と言われたとき。「自分ってあなたのことじゃないの? え? 自分が自分で人も自分?」と目を白黒させたものだ。大阪と東京を比べれば、「人との距離感」は、圧倒的に大阪のほうが近い。

その後、他の大阪出身者と知り合ったり、大阪に友人ができたりしたが、知れば知るほど大阪の人は興味深い。
比較的、深刻な病気を打ち明けられ、思わずどう言っていいかわからずに黙り込むと、本人がダジャレを飛ばし、「そこで笑わないと」と逆に励まされた。どんなときにもユーモアが大事、オチがなければ話さないという徹底した「笑いの精神」は、とても東京人にはかなわない。
このアンケートでも、関西女性は「(恋人は)おもろかったらええねん」という結果が出ている。

いい意味で案外、したたかなところもある。だから大阪人は、オレオレ詐欺にはひっかかりにくい。友だちとしてつきあうなら、とても頼りになる。
だが……と関東女性は考えるのだろう。
「いつでもおもしろいのは疲れる」
「話し上手より聞き上手であってほしい」
「おもしろさより安定感」をとるのが関東女性なのかもしれない。


出身地と性格のかかわり、そして恋愛にも関係する?

県民性の本が売れているという。「〇〇あるある」など確かに県民性を話題にすることは多い。もちろん、そらがすべてとは言わないが、県民性は血液型より信憑性がある。土地に根づいた性格、風習によって作られてきたものは小さくはないだろう。

そういう意味では、関西とひとくくりにしてはいけないのだと思う。よく言われることだが、大阪と京都と神戸は、東京から見ると「関西」だが、まったく違うらしいから。
大阪在住の友人によれば、
「京都の人は大阪が嫌いで神戸は好き、
神戸の人は大阪が嫌いで京都が好き、
大阪の人は京都が嫌いで神戸が好き」

なのだそう。

京都と神戸は相思相愛で、大阪は四面楚歌……みたいな状況ではあるが、それを明るく言ってしまうのが大阪の大阪たるゆえんか、と私などは感じている。

アンケートの中で、恋人とのセックスの場所として関西女性が好むのは「リゾートホテル」、関東女性は「彼の部屋」というのが興味深い。関西女性は、「野外や車など、室内でない場所を求める」割合が、関東女性の6倍にのぼったという。ロマンティストなのかアヴァンチュール好きなのか、関西女性のほうが性を楽しみたい欲求が強いのかもしれない。

もしかしたら、せっかくのアンケート、ちょっと変わった回答をしたほうが受けるかも、と受け狙いをした女性もいた可能性がある。そんなことまで考えさせるほど、関西の女性は、東京人から見ると謎であり、魅力的でもある。

【出典】
◆【関西女性VS関東女性】『恋愛アンケート調査結果』 ~「恋人選び」関東女性の2倍!『関西女性は「トーク力」重視』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。