強烈な人気を誇る、只者ではない存在……

毎年1回行われる「AKB48選抜総選挙」。AKBメンバーのスピーチと徳光和夫さんの進行が特徴のこのイベントは、いつも手に汗握る展開。これまでに連覇した人がいないことからも、その戦いの厳しさがわかります。

一方、別の世界では、総選挙で3連覇中の「絶対的アイドル」がいます。がしかし、誰もがその存在を知っているわけではありません。ということで、紹介させてください。その人気者とは、この方です。
gs1

アイドルと呼ぶのは、ちょっと違うかもしれませんが……(写真 JRA)

そう、競走馬のゴールドシップです。6歳のオス馬であるゴールドシップは、2011年の7月にデビュー。そこから圧倒的な人気を獲得するまでになりました。

総選挙で3連覇しているという話をする前に、まずはゴールドシップの魅力を知ってもらいたい。ということで、いったん以下のレース映像を見ていただきましょう。これを見れば、ゴールドシップが只者でないとわかるはず。なにせ、マンガのようなレースが繰り広げられるのですから。

2015天皇賞・春のレース映像(ゴールドシップは白い帽子の1番)

どうでしょう、この破天荒ぶり。90年代に人気を博した競馬マンガ『みどりのマキバオー』の世界かと思うようなレース。でも、もちろんマキバオーではありません。体の色は似ていても、馬のサイズが違いますし、そもそもゴールドシップはマキバオーのように純情ではないのです。

気分屋であり、凶暴。そして女の子が好き
それがゴールドシップ

2年前、私はAll Aboutの記事でゴールドシップを紹介するとき、ビジネスマンに例えてこう書いてみました。

「上司に怒られないとプロジェクトに取り掛からない。余裕が出るとすぐにサボろうとする。そのくせ、やる気になったときの仕事ぶりは見事。つまりはそんな、『後輩の見本にだけはしたくない』人、職場にいませんか? ゴールドシップはまさにそんな性格です」

→過去記事「オフィス視点で見る2013宝塚記念の個性派たち」より

ビジネスマンで言うならば、まさにそんな性格。先ほどの映像は、ゴールドシップが今年5月に出た天皇賞・春(芝3200m/京都競馬場)というレースなのですが、スタート後、騎手が手を動かして必死に気合をつけても、ゴールドシップは動かない。従わない。ダッシュが“できない”というより“しない”のです。

このレースでコンビを組んだ横山典弘ジョッキーも、「ゴールドシップに『頑張って下さい』とお願いして乗るだけ」と言うほどでした。実際、過去には気持ちが乗らなかったのか、まさかの凡走をしたレースもあります。

なのに、それなのに、ひとたびヤル気になると驚異のロングスパートで勝ってしまう。他の馬がまだ体力を温存しているにも関わらず、すごい剣幕で上がっていくんです。「華麗に」というより、最初はちょっと面倒くさそう。しかし途中からは「オラオラオラ」という形相で。そしてそのまま押し切ってしまうんです。

ゴールドシップの個性は、それだけではありません。レース以外では、気に入らないことがあると容赦なく暴れます。思いっきり立ち上がります。その光景を見て、ファンから「ナポレオンの有名な絵のようだ」と指摘されたこともあります。ナポレオンを乗せて立ち上がっている白い馬のことですね。

暴れるゴールドシップを捉えた写真(スポニチアネックス)

そして、ほかの馬にはガンガン吠えて威嚇(いかく)します。先日も、ある馬とすれ違うときに「ウオー」と吠えていたことが新聞で伝えられたばかり。まるで番長。年齢を重ねて落ち着くかと思いきや、そんな様子はありません。

それでいて、ゴールドシップは女の子が大好き。メス馬が近づくと興奮するんです。前にも、新聞記者に「年下のメス馬に興奮して、違った意味でヤル気を見せていた」なんて書かれてしまったほど。何を隠そう、先ほどの立ち上がっていた写真は、そのとき興奮した姿を捉えたものです。

場合によっては、そのうちフライデーに「ゴールドシップ、年下のメス馬を口説いて3時間。レースよりヤル気を見せた朝」なんてスクープされるかもしれません。もしそれが現実になったら、発売日にフライデーを買いますけど。

年下のメス馬に興奮していたことを報じた新聞記事(スポニチアネックス)

ズラッと並べましたが、これが人気者ゴールドシップの性格です。人を困らせ、そして人に愛される個性派。だからこそ、総選挙を3連覇できるのです。

次ページでは、ゴールドシップに熱狂する女性ファンの声を紹介します。