2015年6月10日~12日まで、見本市「インテリア ライフスタイル TOKYO」が東京ビッグサイトで開催されました。今回は、そこで見つけたリフォームで使いやすい北欧デザインのアイテムをご紹介!椅子や照明、ラグなど手軽に楽しめて、日本の家になじみやすいものを厳選しました。

衣食住が世界中から集まる祭典、インテリア ライフスタイル TOKYO

インテリア ライフスタイル TOKYOは、インテリアはもちろん、衣食住を彩る全てが世界中から集まる国際見本市。毎年トレンドが生まれるインテリア業界の大イベントです。今年は、過去最高の来場者数を記録し大盛況のうち終了しました。

イベント会場

衣食住を彩る全てが世界中から集まる国際見本市、インテリアライフスタイルTOKYO。


さて今回ご紹介するのは、「NORDEIC LIFESTYLE」のゾーンから。北欧の家づくりは日本の家づくりと共通する点が多く、日本の家で使いやすいものがいっぱい。部分的に取り入れるプチリフォームでも、我が家がぐんとセンスアップします。

椅子+照明+雑貨の3点セットで北欧インテリアにプチリフォーム

北欧インテリアにしたいけれど難しそう、そんな願いを手軽に叶えてくれるのが、照明+椅子+雑貨の3点セットで作る北欧コーナーです。玄関ホールやリビングの一角に北欧コーナーを作るプチリフォームをすれば、手軽に北欧インテリアが楽しめます。

山ガール風インテリア

ナチュラルモダンな北欧インテリアコーナー。プチリフォームで手軽に楽しめる。


上の写真は、ナチュラルモダンなテイストの北欧インテリアを集めたコーナーです。照明は北欧好きにはお馴染みのルイスポールセンのペンダント照明です。

ベンチとステップはデンマーク製で、アクセサリファニチャーと呼ばれるカテゴリーの家具。小ぶりで、軽く動かせるので、コーナー作りにぴったりです。アッシュ材にオイル塗装のナチュラルな質感に、赤いくさびが小気味のいいアクセントになっています。

シャープなインテリア

立体的なデザインのStandbyは部屋干しにも。ハンドル付きスツールなら持ち運びも楽々。


スロウリーなインテリア

ミニマムデザインのシューラックと熊手デザインのコートハンガーは玄関にぴったり。


北欧コーナーを作ったら、壁にペイントを施して、雰囲気を盛り上げましょう。壁の塗装は水性ペイントを使えば、DIYリフォームでOK。北欧らしいカラフルな色遣いをすれば、ナチュラルでモダンな家具や小物たちをより一層引き立ててくれます。

遊び心の椅子

軽く腰掛けるスツール、Sheepも玄関向き。引っ張る皮ひもは羊のしっぽのイメージ。


日本に初上陸、デンマークのデザイナーによる木と紙の照明

北欧コーナーを作るリフォームで欠かせないのが照明です。北欧には数々の著名な照明デザイナーがいますが、こちらは日本に初上陸のデンマークのデザイナー、トム・ロッサウの紙や木など自然素材を使った照明器具です。

天然木の照明

バーチ材の照明器具。灯りが美しく透けて陰影を作る。和紙にコーティングしたタイプもある(このページの商品取り扱いはロイヤルファニチャーコレクション


北欧と日本の家づくりの共通点は、自然素材を多用するところにあります。トム・ロッサウの照明にはバーチ材を使ったものの他に、和紙にコーティングしたタイプもあり、日本の住まいにさりげなく溶けこみます。

北欧インテリアの特徴と言えば、1つの部屋の中で複数の灯りをともす一室多灯スタイルです。照明器具の取り付けリフォームが難しい場合は、フロアスタンドなどで灯りを加えて、陰影の立体感を演出しましょう。

次のページは、北欧と言えばパンダ柄?人気のラグや壁紙をご紹介します。