開いたタブを保存できる拡張で仕事を効率化しましょう

開いたタブを保存できる拡張で仕事を効率化しましょう

開いているタブをワンクリックでまとめることができる拡張機能「Session Buddy」を紹介します。情報収集をしているとき煮詰まり思わずブラウザを閉じるものの、後日また同じ情報を調べるという経験をしたことがある方は多いと思います。ガイドもその一人です。今回取り上げるのは、あの苦い経験をしなくて済む便利な拡張機能。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

拡張機能のメリット

同様の機能を持つ拡張機能に「OneTab」があります。「OneTab」見ているタブを取り敢えずまとめて保管するという使い方が向いています。一方「Session Buddy」は、同じ情報を様々なサイトから調べた後にログを残す用途に向いています。Session Buddyでは任意の名前をつけて、後日それらを検索して使用することができ、これが大きなメリットだと思います。

インストール方法

Session Buddyは、Chromeウェブストアからインストールしましょう。インストールするとアドレスバーの横に白と青のファイルケースのようなアイコンが出てきます。インストールは完了です。
※Session Buddyのインストールはこちらから

使い方

使い方は簡単です。保存したいタブを開いている状態でSession Buddyのアイコンをクリックします。そうすると下記のような画面が表示されます。

赤枠で囲んでいるボタンをクリックするとタブを保存することができます。任意の名前をつければ保存完了です。※不要なタブは、タブにマウスカーソルを合わせると「?」マークが出て削除できます。

左上にある検索ボックスでタブの検索ができます。これで何らかの情報を調べた時の記録を残すことができます。多くの方が経験したことがある ”この情報、昔調べたことあるな……” を解消することができます。特に技術系の情報や商品価格を調べたときなどに重宝すると思います。ぜひ、効果的に活用してみてください。

手軽にタブを保管できます。

手軽にタブを保管できます。



まとめ

いかがだったでしょうか。開いているタブをまとめて保存して名前をつけて検索できる拡張機能「Session Buddy」を紹介しました。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。