万一アプリを開かれても友だち一覧に相手を表示しないように設定

ここまでの設定をしても、強制的に「LINEを見せて!」と言われてスマホを奪われてしまうと、あなたと相手の、他人には見られたくないメッセージや、「不審な友だち」が見つかってしまう可能性があります。

そんな緊急事態に備えて、特定の「友だち」を友だち一覧に表示させない方法があります。

LINEの友だち一覧には「非表示」という機能があるので、一覧に表示したくない相手は友だち一覧で「左にフリック」して「非表示」をタップすることで一覧から消しておきましょう。
友だち一覧で「非表示」設定すれば一覧に表示されない

友だち一覧で「非表示」設定すれば一覧に表示されない
 

友だち一覧で非表示にしておいても相手からメッセージがが届けば通常通りトーク画面が表示されますし、これまでのトーク画面が消えることもありません。

非表示を解除したいときは「設定」の「友だち」にある「非表示リスト」をタップして、非表示設定した友だちの「編集」で「再表示」をタップすれば友だち一覧に表示されるようになります。

友だち一覧で非表示にする以外にも、友だち一覧で相手のアイコンをタップし表示される画面で「鉛筆」アイコンをタップすれば、表示される名前を変更することも可能です。

ただし変更できるのは名前だけですから、アイコンの写真などは相手が設定しているものが表示されます。アイコンが「いかにも」な写真の場合は、やはり非表示設定しておいた方が無難ですよね。

しかし修羅場直前まで状況が悪化しているときは、友だち一覧だけでなくトーク画面のすべてチェックされてしまう可能性も大。

>>そんな時に備えて見られたくないトークを消してしまう方法を紹介します