発売前にハマッていた…

E3の図

スプラトゥーンが初めて発表されたのは2014年のE3。既にこの時、世界中のゲーマーがその新しさに気がついてワクワクしていました

まだ発売されてもいないのに、「完成披露試射会」ではまってしまって、ずーっとイカのことばかり考え、YouTubeやニコニコ動画で実況プレイを漁る毎日、なんて人、いませんか? ガイドはそうです、ヤバイです。頭の中、イカ色で染まってます。

イカって何のこと? という方もいますよね。任天堂がWii U専用タイトルとして2015年5月28日に発売する「スプラトゥーン」のことです。いわゆるサードパーソンシューティング、TPSなんですが、プレイヤーキャラクターがイカなのです。

ごくごく簡単に言いますと、4対4に分かれてイカたちが自分のチームの色のインクを撃ち合って戦うゲームです。ステージ中にインクをまき散らし、塗って塗られて、塗りかえして、たくさんの面積を自分のチームの色で塗りつぶした方が勝ちです。インクを敵にあてれば倒すこともできますし、敵を倒すことでゲームが有利にもなりますが、あくまで勝敗は塗った面積! もう、そこらじゅうをびっしゃびしゃに塗って戦うのです。

さて今回は、このスプラトゥーンがどんなゲームなのか、イチから分かりやすく説明…しようかとも思っていたのですが、ちょっと考えまして、やめました。それは公式サイトや他の記事に譲りまして、それよりはこの新しさ、楽しさをめいっぱいお伝えしたいと思います。

本当に、このゲームは面白い、そして新しいんです。任天堂が開催した発売前の時間限定オンライン体験イベント「完成披露試射会」に参加した人の中には、いっぺんでイカの虜になってしまった人がたくさんいるのです。

どんなゲームなの? という方は、まずは公式サイトの紹介動画などをご覧になることをオススメします。

【関連サイト】
Splatoon(スプラトゥーン) - 任天堂(公式サイト)

とにかく色を塗るだけで面白い!

スプラトゥーンの図

インクをぶちまけるってだけで、もう楽しい!

まず、水鉄砲のようなものでインクを飛ばして床や壁を塗りまくる、これが単純に楽しいです。試合開始と同時にインクをぶちまけるところからスタートするわけです。根源的な何かに訴える楽しさがあります。

そして、自分の色に塗ったところは、イカになって潜ることができます。このゲーム、ボタン1つでヒトとイカを切り替えながら遊ぶんですね。ヒトの時はブキでインクを撃つことができますが、イカになると塗ったインクに潜ることができます。インクに潜ると約2倍の速度で高速移動、インクさえ塗ってあれば壁を登ることだってできます。

潜った状態で助走をつければジャンプの飛距離も伸びますから、撃って潜って、助走をつけてジャンプ、空中でヒトに戻りながらまた撃つ、なんてスタイリッシュなアクションも。

武器も、普通のシューティングゲームとはちょっと違ったものがあるんです。