続きを楽しみにしていた海外ドラマが突然打ち切りに……。
先が気になって仕方ないのに、こんなことってあり!?

海外ドラマを楽しむ方であれば、一度はこんな経験をしたことがあるだろう。明らかに面白くないドラマだったら打ち切りも理解もできるのだが、なぜ秀作と呼ばれるハイクオリティドラマが突然打ち切りになってしまうのか?

今回は、海外ドラマが突然打ち切られてしまう裏事情について、ご紹介していく。


裏事情その1:予算と視聴率のバランス

ドラマがシーズンの途中で打ち切られたり、新シーズンの製作がキャンセルになったりする理由の一つに、「視聴率の低迷」がある。テレビ局はドラマ製作に多額の予算をかけているため、視聴率が振るわなければもちろん製作継続は難しい。

日本のテレビドラマでも、TBS系列の『夫のカノジョ』やフジテレビ系列『家族のうた』などが視聴率低迷を理由に、放送回数を当初の予定より減らしたことは記憶に新しい。

しかし、海外ドラマ界には「視聴率低迷」にいくつかの種類があり、視聴率が平均以上であるのに打ち切られてしまうケースがある。それが、「予算と視聴率のバランス」がとれない場合だ。

HEROES

シーズン4まで奮闘するも打ち切りに『HEROES』

『THE EVENT/イベント』や『FRINGE/フリンジ』『HEROES』のようなSFドラマは、視覚効果としてCGを駆使したり、スタントを雇ったりで、普通のヒューマンドラマやラブコメよりもとかく予算がかかる。ゆえにそれに見合うだけの視聴率確保が必須になってくる。

そのため、通常よしとされる視聴率の1.5~2倍程度の視聴率キープが目標に掲げられており、いわゆる「爆発的ヒット」が継続し続けない限り、シーズンの更新は難しくなる

 
秀作なのに打ち切られた作品として、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務めた『Terra Nova/テラノバ』や『SMASH』などがある。

Terra Novaundefinedテラノバ

一話に約4億8,800万円もかけられたスティーブン・スピルバーグの打ち切りドラマ

『Terra Nova/テラノバ』は、『ジュラシック・パーク』で大ヒットを記録したスピルバーグが生み出す新たな恐竜ドラマとして世界中で話題を呼んだ。ストーリーも、未来で生きられなくなった人類が資源豊かな恐竜時代にタイムトリップし、一から生活をリスタートさせるという展開の中に、恐竜との共存や人類同士の闘争などを散らばせた壮大なものであった。

それなのにシーズン1で打ち切られたのは、予算と視聴率のバランスが崩れたからであろう。スピルバーグは本作一話に400万ドル(日本円にして約4億8,800万円)を費やしており、これは多額の製作費がかけられることで有名なハリウッド海外ドラマ界の平均予算約2倍と予想される。

つまりハリウッドでも桁はずれに高いドラマだったというわけで、放送を継続するには、北米のみならず、各国での視聴率もうなぎ上りぐらいのブームが必要だったのだ。