LCCに類似!? 国営航空会社エアリンガス

1

ロゴにはアイルランドのモチーフシャムロックを使用

LCCにどことなく似ている点も多いアイルランドの国営航空会社エアリンガス。類似点としては受託荷物と機内食が有料であること、航空券が比較的安いことが挙げられます。激安で売っているライアンエアーほど安くはないものの、前もって予約すればかなりおトクにチケットを購入できたり、ライアンエアーよりも荷物制限が厳格でないこともあり、アイルランド在住者の中では、ライアンエアーよりもエアリンガスを好む人も少なくありません。

ライアンエアーとの大きな相違点

5

ロンドンーダブリン間は断然エアリンガス、という理由とは?

エアリンガスの利用する空港はほとんどが現地のメインの空港です。となると、到着空港から街へのアクセスの良さではエアリンガスに軍配が上がります。たとえば、ライアンエアーでダブリンからロンドンに行く場合3つの空港に就航していますが、到着地の空港はどこも中心地からが少し距離があります。一方エアリンガスはロンドンのメインの空港・ヒースロー空港に到着するので、シティセンターへのアクセスが地下鉄で簡単にできるのです。ロンドン旅行の際にダブリンまで足を伸ばしたいという方も、エアリンガスの方が時間的なロスが少なく、スムーズにいきそうですね。

10

ロンドンー北アイルランド間も飛行機なら一時間ほど

そのほか、エアリンガスにはロンドン(ヒースロー空港)ーベルファスト間(北アイルランド)を結ぶ便もあるので(ライアンエアーはなし)、ロンドンからダブリンに寄らずに北アイルランドにひとっ飛びという旅の選択肢も。このように、2社は就航先のバリエーションが微妙に異なるので、旅の目的に合わせて両方の航空会社のサイトを比較してみると、より希望に合う便を見つけられると思います。

短い滞在中にヨーロッパ2カ国を旅するというような、ちょっと欲張りな旅も可能にしてくれるアイルランドの航空会社、エアリンガスとライアンエアー。ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。