地方公務員:政令指定都市別では横浜市がトップ。1回あたり約83万円

政令指定都市公務員の年間賞与額から上位10をピックアップ。 政令指定都市公務員の期末・勤勉手当の支給状況(総務省undefined平成26年の地方公務員の給与水準の概況)より筆者が編集

政令指定都市公務員の年間賞与額のトップ10(単位:歳、円)/政令指定都市公務員の年間賞与額から上位10をピックアップ/政令指定都市公務員の期末・勤勉手当の支給状況(総務省「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」)より筆者が編集

政令指定都市のボーナス事情ですが、支給平均額が一番高額だったのは横浜市で166万1500円。1回あたり83万750円です。京都市、神戸市、福岡市、相模原市と続きます。

160万円を超えているのは横浜市と京都市のみです。道府県別ではトップ10は全て160万円を超えていました。政令指定都市の中で高支給といえるのは横浜市、京都市あたりでしょうか。

地方公務員:市区町村別では東京都中野区がトップ。1回あたり約85万円

市区町村公務員の年間賞与額から上位10をピックアップ。 市区町村公務員の期末・勤勉手当の支給状況(総務省undefined平成26年の地方公務員の給与水準の概況)より筆者が編集

市区町村公務員の年間賞与額のトップ10(単位:歳、円)/市区町村公務員の年間賞与額から上位10をピックアップ/市区町村公務員の期末・勤勉手当の支給状況(総務省「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」)より筆者が編集

最後に、一般の市区町村公務員のボーナス事情をみておきましょう。トップは東京都中野区の169万7800円。これは、全ての地方公務員の中でも一番高額となっています。平均年齢が少し高く、これも高額の一因といえるでしょう。

続いて東京都多摩市、兵庫県三木市、東京都羽村市、埼玉県ふじみ野市となっています。トップ10の中に東京の特別区が3つ、市が3つと合計6市区。東京都の高さが目立っています。

ちなみに、一番低額だったのは島根県川本町の63万4900円。1回あたりの支給額ではなく年額です。平均年齢が39.4歳と若いのですが、平均年齢が37歳代でも130万円台となっている市があります(例:愛知県刈谷市:37.3歳で132万9100円)。年齢だけが低額となった理由とはいえませんね。市区町村の公務員のボーナスは年間100万円以上の差がでることもあります。

公務員のボーナスといっても、国家公務員と地方公務員ではかなり事情が違うことがわかりました。都道府県ではあまり格差はでませんでしたが、市区町村となると年間100万円の格差がでるところもあり、各自治体で事情が違うようです。これから就職を考えている人はもちろん、自分の住んでいる自治体のボーナス事情も知っておきたいですね。

▼最新のボーナス平均支給額はこちら

2015年冬 公務員のボーナス平均支給額
2015年冬のボーナスは平均91万円?どう貯蓄をする?

▼ボーナスからも税金が天引きされる…詳しくはこちら
ボーナスにかかる税金と手取りの計算方法


▼2015年10月から大きく変わった公務員の年金…詳細はこちら
公務員の年金優遇がなくなる!? 年金一元化とは


▼ボーナスの最新情報を総まとめ
2015年ボーナス平均支給額&使い道 最新ランキング



■大幅な家計改善につながるかも!? 【オンラインで解決】
優秀で信頼できるFPに相談(有料)して、家計の見直し、はじめてみませんか?
FP相談サービス「家計見直し隊」で相談する

※外部サービスに遷移します
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。