情報集をちょっとスマートに

情報集をちょっとスマートに

毎日決まった時間に、同じサイトをチェックする方は多いと思います。複数サービスで情報収集。Web担当者だったらサイトのアクセス状況のチェック、就業後に社内グループウェアで日報と明日の予定をチェックしながら最新情報を収集など、様々な用途で決まったサイトを開くことは多いです。

ガイドも一度に100サイトのアクセス状況をGoogleSpreadsheetでチェックしたりするので、この拡張機能で作業を効率化しています。ここでは、登録したサイトをクリック一つで一度に開くことができる「Favorite URL Opener」を紹介します。

この拡張機能を活用してできること

Favorite URL Openerを活用してできることは、登録したサイトを一括で開くことです。決まったサイトを一つひとつ開くより、時間を短縮することができます。ちょっとした時短テクニックですが、重宝します。

GoogleChromeの基本機能にも同じ機能がありますが、ブラウザ立ち上げ時のみ有効です。それに比べるとこの拡張機能では、いつでも決まったサイトをクリックひとつで開くことができます。

ガイドの使い方

例として、ガイドはサイトを4つ同時に開きます。

  1. GoogleSpreadsheetを開く。
  2. Google、Yahoo!の広告管理ツールを開く
  3. ListenonrepeatというYoutubeの音楽をリピート再生できるサービスを開く
上記の4つは定期的に利用するので、URLを登録してクリックひとつで開けるようにしています。

インストール方法

Chromeウェブストアからインストールすることができます。インストールするとファイルアイコンが追加されます。これでOK。
※Favorite URL Openerのインストールはこちら

使い方

登録イメージ

登録イメージ


インストール後に表示されたアイコンを右クリックすると「オプション」という項目が表示されます。それをクリックすると登録したいURLを入力するフォームが表示されます。一行に1URLを入力しましょう。あとは保存すればOK。それ以降は、アイコンを左クリックするだけで登録したサイトが一括で開きます。ぜひ、活用してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。Favorite URL Openerを紹介しました。日々の作業をちょっぴりスマートにできる拡張機能です。ぜひ、活用してみてくださいね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。