一人旅のおすすめモデルコース

京都観光は京都市内だけでもかなり広く、見るべき場所もたくさんあるので、一日であちこちまわろうとせず、「今日はこの辺りを見よう」と、エリアを絞って歩くのをおすすめします。

京都がはじめての方におすすめなのが、嵐山・嵯峨野エリア。ここでは、風情ある竹林の散歩道を歩いた後、ダイナミックな保津川渓谷に沿って走るトロッコ列車で亀岡まで行き、帰りは保津川下りを楽しみながら嵐山に戻るモデルコースをご紹介します。

【モデルコース(所要時間:約4時間)】

京都市の中心部から嵐山へは京福電車(嵐電)、阪急電車、JR山陰線のいずれも利用可能ですが、今回は、阪急電車を利用します。四条通沿いにある河原町駅から嵐山駅までは、途中、桂駅での乗り換え含め、約20分ほど。

嵐山のシンボル『渡月橋』

嵐山のシンボル『渡月橋』


嵐山駅から、まずは、嵐山のシンボル「渡月橋」を目指します。「渡月橋」を渡ると、その先には、京福電車の嵐山駅があり、周辺はお土産物屋さんなどでいっぱい。

駅を通り過ぎ、左手に天龍寺の入口を見ながら5分ほど歩き、「野の宮」バス停の手前を左折。ここから先は、「竹林の道」を歩いて行きます。

『源氏物語』にも登場する野宮神社の黒木の鳥居

『源氏物語』にも登場する野宮神社の黒木の鳥居


竹林の道を5分ほど歩くと、『源氏物語』にも登場する野宮神社に到着。樹皮をそのままにした「黒木鳥居」が印象的。縁結びにご利益があるそうです。

野宮神社から、さらに5分ほど歩くと、トロッコ嵐山駅に到着。ディーゼル機関車に牽引された、かわいらしいトロッコ列車に乗ると、車窓に保津川渓谷のダイナミックな景色が広がります!

ディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車

ディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車


トロッコ列車の終点、トロッコ亀岡駅までは20分ほど。トロッコ列車は人気が高く、平日でも混み合うことが多いので、事前に予約することをおすすめします。

トロッコ亀岡駅から川下りの船乗り場までは、2kmほど離れており、バス、タクシーのほか、「京馬車」が運行する観光馬車にのんびり揺られながら移動するのもおすすめです。

保津川下りundefined船からトロッコ列車が見える

保津川下り 船からトロッコ列車が見える


保津川下りは、江戸時代には物資の輸送に使われ、観光客を乗せるようになった明治時代には、文豪・夏目漱石も乗船したことがあるという歴史あるもの。

基本的にはのんびりした船旅ですが、時折、急流に差し掛かると水しぶきが跳ね上がり、前方に迫ってくる岩を、船頭が巧みな竿さばきでかわしていきます。

自然豊かな保津川渓谷は、桜、新緑の季節も見事ですが、圧巻は晩秋の紅葉。この辺りの紅葉は色づきが遅く、例年11月の下旬から12月上旬が見頃になります。

その日の風向きや川の水量によっても異なりますが、「渡月橋」のたもと付近の船着き場まで、約2時間ほどの船旅。美しい渓谷の景色や船頭さんの名調子の話をきいていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

<DATA>
嵯峨野観光鉄道(トロッコ列車)ホームページ

京馬車ホームページ

保津川下りホームページ

その他、京都の一人旅に役立つ情報

京都の一人旅でおすすめなのが、お寺でのゆったりお庭鑑賞
京都の庭園 ゆったりお庭鑑賞は一人旅がおすすめ

夏の一人旅にピッタリ? 京都に伝わる、ちょっとコワい伝説や不思議な伝説の地をご紹介
夏の一人旅にオススメ? 京都の不思議スポットめぐり

冬に、「京都へ一人旅出かけてみたいな」と思ったときには、洛北の大原里がおすすめ
温泉・お鍋・銀世界! 冬の京都一人旅は、大原の里へ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。