藍染め(インディゴ)が世界中で大人気!

今年の春夏になんと日本の伝統である藍染めが海外で人気となっています。藍染めの藍色とは英語で、インディゴ(Indigo)と言いますが、このインディゴが今、世界で話題となっているのです。日本の伝統的な藍染めが世界で人気なのは嬉しいことですよね。今回は、この藍染めのアイテムのお洒落な着こなし方と海外で人気の理由を解説したいと思います。

ジーンズだけじゃない!いろいろなアイテムで藍染めを楽しむ

藍染めのアイテムと言えば、真っ先に思いつくのがジーンズですが、今年の藍染めの楽しみ方はいろいろなアイテムで藍染めや藍色をうまく取れ入れることです。

藍染めのアイテムには、実にいろいろなものがあるんです。シャツ、Tシャツ、ジャケット、ブルゾン、ストールにハット。そして、ポロシャツやパンツまでもが登場しています。すべてを藍染めでトータルコーディネートするよりも、藍染めのアイテムをうまく取り入れてアクセントとしてお洒落を楽しむのが今年風。

グレイ

イカット柄のプルオーバーに流行のジャージーのボトムをコーディネートしたルック。(GREI.グレイ)


GREI

藍染めのストール。様々なカラートーンの藍染めとドットプリントの素材のコンビネーション。巻き方によって表情が変わる優れモノ。(GREI.グレイ)


例えば、ストール。春夏用の薄手の藍染めのコットンやシルク素材のストールは今の季節におすすめです。白のポロシャツやTシャツにインディゴカラ―のストールを巻くだけで今年、流行のスタイルに!

また、藍染めのシャツやTシャツはホワイトジーンズや白のチノパン、ショーツにもよく合います。藍染めを春夏らしく着こなすには、藍色が映える白、または薄いライトカラーに合わせるのがコツです。