四季折々の富士山を愛でる「山中湖温泉 紅富士の湯」

山中湖温泉 紅富士の湯

施設名にもなっている「紅富士」。神々しいまでの美しさ

富士山を間近に眺めながら湯浴みが楽しめるのも山梨の日帰り湯ならではの醍醐味。ここ「山中湖温泉 紅富士の湯」では、内風呂からも露天風呂からも迫力の富士山がのぞめます。標高1000メートル、豊かな自然に囲まれての湯浴みは格別の非日常感です。

富士山は季節ごとに表情を変えるので、どの季節にきてもそれぞれの良さがありますが、やはり必見は施設の名前でもある「紅富士」。これは朝焼けで赤く染まった雪を冠した冬の富士山のこと。寒い冬、朝風呂に浸かりながらの富士見は最高です(※12~2月の土日祝は朝6時から営業)。

山中湖温泉 紅富士の湯

ダイヤモンド富士

このほか、富士山頂に太陽が重なり、ダイヤモンドのように輝く現象「ダイヤモンド富士」も有名。山中湖では秋から冬にかけて日没時に観測できます。

一方で、雪を冠していない夏の富士山も雄大で見応えがあります。7~8月の富士登山シーズンなら富士登山の前後に立ち寄るのもおすすめ。ガイドも以前、富士登山の後にここにきて、露天風呂に入りながら富士山を見上げたら、「あんな高いところまで登ってきたのか~」としみじみ。感動の余韻にたっぷり浸れました。
山中湖温泉 紅富士の湯

新緑の季節も美しい


泉質は、アルカリ性単純温泉。水素イオン濃度(pH)10.3という非常に高いアルカリ性の値を有しながら、成分的にマイルドというのは非常に珍しい泉質なのだとか。肌をすべすべにする効果が期待できるといわれています。

2階の大食堂は、テーブル席・座席・カウンター席があり、定食や丼もの、麺類、デザートなどを提供。館内はWi-Fiも使えて便利。このほか岩盤浴やボディケア・リフレクソロジー、リラクゼーションルーム、予約制の個室などもあります。

■山中湖温泉 紅富士の湯
住所:山梨県南都留郡山中湖村山中865-776(Googleマップ
電話: 0555-20-2700
営業:10:00~21:00まで(最終受付は20:30)※12月~2月(土・日・祝日のみ)6:00から営業、火曜定休(※ただし祝日・GW・7月~9月・年末年始は休まず営業)
入館料:大人800円、学生600円、小学生300円、小学生未満無料
HP:山中湖温泉 紅富士の湯

>>次のページでは日本最大級の純木造浴室!