中古マンション+リフォームで終の棲家を作るために、大切な7つのポイントをご紹介します。基本は、安全、便利、快適、安心、喜び、そして将来性です。質の高い住環境を作ることがポイントですので、子育て世代にも共通する点がたくさんあります。

老後はマンションを終の棲家にするという選択

ビル街

駅近マンションなら便利で楽に暮らせるので終の棲家にぴったり。

今シニア世代が注目の生活スタイルと言えば郊外の一戸建てから、駅近マンションへ引っ越して終の棲家にするというもの。

駅近マンションなら、買い物や通院に便利で、玄関の鍵ひとつで防犯が可能、ワンフロアで暮らすことができ庭の手入れも不要ですから、高齢者にはうってつけの住まいになります。

 

中古マンション+リフォームで理想の住まいを作る

車椅子

段差があるマンションは車いすでは外出しにくい。

中でも注目したいのが、中古マンションを購入してリフォーム、理想の住まいを作る方法です。中古なら好立地物件を手ごろな値段で手に入れることができ、自分の暮らし方や趣味にあわせたリフォームをして、快適な終の棲家が作れます。

ただし中古マンションを選ぶ際に注意しておきたいのが、共有部分のバリアフリーです。古いマンションではエントランス部やアプローチに階段や段差があることも。いくら室内をバリアフリーにしても、部屋に入るまでにバリアがあると外出もままなりません。

以前、ガイドYuuが住んでいたマンションは、共有部分に階段があり、ケガで車いすの生活をしている1年間、介助者がいない時は一切外出ができませんでした。終の棲家にするなら、共有部分のバリアフリーは忘れずに確認しておきましょう。

 

段差解消や動線の見直しなどバリアフリーリフォーム
〈終の棲家にするために−1〉

回遊プラン

アイランドキッチンは行き止まりなく回遊できる理想のバリアフリー動線(アイランドキッチンのリフォームで暮らしが変わるより

マンションを終の棲家にするために押さえておきたい1つめのリフォームは、室内のバリアフリー化です。

玄関~室内~水まわりまでの段差解消、扉は引き戸に、トイレや浴室などに手すりを取り付けるなどはもちろん、動線計画を見直しておくことが大切です。

動線とは、家の中を人があるく道筋のこと。例えば寝室から水まわりまでを近くする、車いすでも移動しやすいよう通路は広めにとる、できるだけ行き止まりを作らないなどの工夫をしておくことで、いざという時にも暮らしやすい家になります。

マンションリフォームは一戸建てに比べて間取りの自由度が高いので、間仕切り壁を取り払ってスケルトン状態にすれば1から間取りを描けます。ただし壁式構造など一部の構造のマンションでは間仕切り壁が移動できないケースがありますので、事前に確認しておきましょう。

 

カメラ付きインターホンなど防犯性能を高めるリフォーム
〈終の棲家にするために−2〉

玄関で守れ

カメラ付きインターホンで玄関まわりの防犯性能を上げておく。

2つめのポイントは防犯性能を上げるリフォームをしておくことです。マンションは一戸建てより人の目が多いので安心感はありますが、防犯対策は忘れずに行っておく必要があります。

カメラ付きインターホンへの交換リフォームは、既存のインターホン配線を利用して取り付けができるので、意外と簡単にできます。

配線不要で扉に引っ掛けるだけの簡単なワイヤレスカメラもあります。安心して暮らせる終の棲家になるよう防犯性能を上げておきましょう。

 

次のページは、健康と将来のためにぜひ押さえておきたいことです。