さらりと軽い、ベタつきのない心地いい感触

日焼け止めを選ぶ際のポイントとして、ベタつかないということ。残念な日焼け止めの多くが、ベタベタする、肌がきしんで皮膜感がある、かさかさするといった肌感触が優れません。

しかし、新作では、日焼け止めにありがちなテクスチャーの悪さも解消しています。化粧水のようにさっぱりとしたジェルタイプ、さらりとした肌なじみのいい乳液タイプ、外出先でも簡単にお手入れができるスプレータイプなどいろいろ。どれもベタつきや白浮きもせずに心地よく使うことができるので、塗り直しの際にも肌に負担がかかりません。

また、専用のクレンジング剤を使わなくても、石けんで簡単に落ちるところも新作ならではの進化のポイント。従来のように、洗っても洗っても落ちた気がしない……、というような使い心地の悪さも解消しています。

い

サラリと軽い、乳液のようなテクスチャー。

■まるで乳液のテクスチャー

和漢植物ハトムギエキスを従来品の2倍量を配合、スキンケア効果がさらにアップ。乾燥によるくすみ、肌あれを防いで、透明感のある美肌に。サラリと軽い、乳液のようなテクスチャー。

雪肌精 サンプロテクト エッセンス ミルク N 60g SPF50+・PA++++ 3240円/コーセー

 
次ページでは「プラスαのスキンケア効果」のある、日焼け止めを紹介します。