業界最高レベルのSPF50+・PA++++が増えている理由

毎年進化する日焼け止めの世界

毎年進化する日焼け止めの世界

日焼け止めを購入する時、「この日焼け止めは、どれくらい肌を紫外線から守ってくれるんだろう?」って思いますよね。その目安となるのが、SPF・PA値となります。まず、簡単にこの数値について解説します。

SPFは、サンプロテクションファクターの略で、UV-B(紫外線B波)を防止する効果を表す目安の数値です。紫外線B波は、肌表面が赤くなる炎症を引きおこします。PAは、プロテクショングレイドオブUVAの略で、UV-A(紫外線A波)の防止を表す目安の数値。UV-Aは5月がピークとされ、肌の真皮まで届き、コラーゲンやエラスチンにも悪影響を及ぼし、シワやたるみといった肌老化の原因に。窓ガラスや雲も突き抜けるので、室内や曇りの日でも注意が必要です。

新作のSPF値をチェックすると、そのほとんど「SPF50+・PA++++」、「SPF50・PA++++」といった、紫外線を防ぐ効果が最高レベルとなっています。これは、数年前には考えられないものでした。なぜなら、数値が高ければ高いほど、日焼け止め特有のきしみ感や膜感、白浮きといった、マイナスの要素が大きく、肌に負担を与えていたからです。

しかし、技術的な進歩によって、これらの肌への負担感、ダメージは軽減されています。何より、私たち消費者側も、“紫外線をしっかりカットするものが欲い”=SPF値が高いものという、心理的な影響もあります。

あ

ノンケミカルタイプのUVベース

■ノンケミカルタイプでも高いUVケア力を実現!

ノンケミカルタイプのUVベースで、ミネラルの力でUV-A、UV-Bから肌を守る。ヒマラヤウルヌラフラワーエキスやココナッツ由来のエモリエント成分などを配合で、エイジングケアも。

プレップ ステップ ミネラル シールド 40ml
SPF50・PA++++ 4860円/ベアミネラル

 

次ページでは「心地よいテクスチャーの日焼け止め」について、紹介します。