キャッシュクリアを理解しよう

キャッシュクリアを理解しよう

オフィスワークをしている方は、パソコンを使った仕事が大半を占めることでしょう。もし業務中に、上司や同僚から「キャッシュクリアした?」と言われたとして、あなたは慌てずに対応ができますか?

「え?キャッシュってなに?(チンプンカンプン)」「意味はなんとなくわかるけれど…」「もちろん知ってます」という方まで、様々いらっしゃると思いますが、今回は改めてキャッシュの概念とChromeブラウザでの削除方法を紹介します。 

キャッシュとは

キャッシュとは、過去に訪れたサイトのデータをブラウザで一時的に保管し、次回同じサイトに訪れた際のページ表示速度を速くする仕組みです。Chromeやインターネットエクスプローラー、Firefoxなどのブラウザはこの仕組みが備わっています。

Chromeのキャッシュクリア

Chromeでキャッシュクリアする理由は2つです。
「Chromeの動作が重い」「更新されたサイト情報が変わらないとき」。

前者の理由は、キャッシュが大量に保管されているとブラウザの動作が重くなるからです。キャッシュを削除するだけで動作速度の改善が期待できます。

後者は、社内ホームページの情報などを変更した時に発生します。更新した情報を確認しようと思っても変わっていない……という状態が起きたときはキャッシュが影響しています。

キャッシュクリアの方法

キャッシュクリア

キャッシュクリア

検索アドレスバーの右端にある「三本矢印」→「設定」→最下段の「詳細設定を表示」→プライバシー部分の「閲覧データの消去」→「キャッシュされた画像とファイル」を選択して、「閲覧履歴データを消去する」。
上記の手順でクリックしていけばキャッシュクリアすることができます。

シークレットモードで手軽に確認する

キャッシュクリアすると保管されているデータが消えてしまいます。よく見るサイトで記録されていたパスワードなどもクリアされてしまいます。もっと手軽にキャッシュクリアした状態を実現したいというときは、シークレットモードを使うと便利です。シークレットモードについての詳しい情報はこちらの記事で紹介しています。

シークレットモードの使い方

ショートカットキー「Ctrl+Shift+N」 ※Macでは「Command + Shift + N」でシークレットモードでChromeブラウザを立ち上げましょう。使い方は通常のブラウザと同様です。これでサイトを確認すればキャッシュクリアした状態で確認することが可能です。

おわりに

いかがだったでしょうか。キャッシュの概念と削除方法、シークレットモードで確認する方法を紹介しました。シークレットモードは、閲覧履歴が残らないので共有のパソコンを使用するときにも効果を発揮します。ここで紹介した情報が参考になれば幸いです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。