ブラウザアップデートはかんたん

ブラウザアップデートはかんたん

Google社のChromeブラウザは動作が快適でセキュリティも強固で使い勝手が良いブラウザとして有名です。2008年に提供が開始され、インターネットエクスプローラーと同じぐらいのユーザ数を誇るブラウザです。ここでは、Chromeを最近使い始めた人のためにブラウザアップデートの方法を紹介します。正しい知識を元に安全に情報を効率的に収集しましょう!

ブラウザのアップデートとは

ブラウザのアップデートとは、製造会社が既存の不具合や動作改善を行った後の最新版に変更することを指します。スマホアプリのアップデートも同様です。

Chromeブラウザのアップデート方法

Chromeブラウザはインストールした段階で、自動アップデート設定がされています。そのため、アップデートを気にすることなく常に最新版を使うことができます。セキュリティの面でもとても助かる仕様になっています。(※バックグラウンドで自動アップデートがされます。そのため、常にセキュリティが保たれています。)

確認方法

検索アドレスバーの右端の「三本矢印」→「Chromeについて」で現在のバージョンを確認することができます。何らかの要因でアップデートができていない場合は、「再起動」をすれば最新版にアップデートされます。
※最新版になっていない場合は、「Google Chromeを再起動して更新を完了してください」というメッセージが表示されます。最新版の場合は、「Google Chromeは最新版です。」と表示されます。
再起動で最新版に!

再起動で最新版に!

最新版になっていないのはどうやって確認するの?

最新版になっていない場合は、検索アドレスバーの「三本矢印」の色が変わります。アイコンの色が「緑」「オレンジ」「赤」の場合は、最新版でない状態を意味します。アイコンの色が変わっている場合は、更新するようにしましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。Chromeブラウザを最新版にアップデートする方法を紹介しました。インターネットエクスプローラーからChromeに変更すると使い慣れていないことが多いと思います。ガイドの別の記事では、Chromeブラウザを使いこなすのに役立つ様々な情報をお届けしているので、そちらもあわせてご活用ください!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。