グエル公園とシウタデリャ公園

大きな公園もたくさんありますが、ガイドブックに必ず登場するのは「グエル公園」。市の中心部から少し離れているものの、バスで出かけられる距離です。ガウディの色鮮やかな世界を公園内で楽しめるので、子連れでじっくりアートを体験できる貴重な場所のひとつ。
入園は有料で、時間ごとに区切られた整理券があります。園内もわりといつも混雑しているそうで、アートの隣でのんびり撮影というようなことは、ちょっと難しそうです。
平日でしたが結構な混雑。子どもは6歳以下が無料です

平日でしたが結構な混雑。子どもは6歳以下が無料です

ピカソ通りに隣接しているのは「シウタデリャ公園」。園内に動物園もあるので、地元の子どもたちの遠足などにも活用されているようでした。近隣での買い物に子どもが飽きてしまったときにもぴったり。「ピカソ美術館」からもすぐ近くです。
大きな噴水も気持ちよい「シウタデリャ公園」

大きな噴水も気持ちよい「シウタデリャ公園」

街角でピカソが見られます!

子連れで美術館に入るのは、難しいこともあるかもしれませんが、バルセロナは街の至る所に美しい建築物があるので、入場せずともアートや美術を楽しめます。
「カサ・ミラ」などの建築物は外側からじっくり眺めるのも楽しいです

「カサ・ミラ」などの建築物は外側からじっくり眺めるのも楽しいです

たとえば「カサ・ミラ」は外観だけでもとっても印象的。また、大聖堂「カテドラル」の近くにはピカソが描いたという壁画も見ることができます。街角にあるごく普通の建物も、スペインらしい曲線が使われているなど、見ごたえ十分。
これがピカソの壁画

これがピカソの壁画

ちなみにピカソの壁画から子どもと一緒に歩いて10分ほどの場所にある「サン ジョセップ市場」も、子どもが喜ぶスポットです。
めずらしい野菜や魚はもちろん、たまごやスパイス専門のお店もずらり。お肉屋さんには、ちょっとドキッとするような部位のお肉も並んでいます。
「サン ジョセップ市場」。新鮮な野菜や果物、肉、魚が手に入ります

「サン ジョセップ市場」。新鮮な野菜や果物、肉、魚が手に入ります
 

オリンピック港も気持ちいい!

海辺にある「オリンピック港」もまた、子どもがのびのび遊べる場所。児童公園もたくさんありますし、海辺の道や海岸も広々。
オリンピック港は現代的に整えられた、都内でいえば豊洲のようなイメージ

オリンピック港は現代的に整えられた、都内でいえば豊洲のようなイメージ

カフェやシーフードレストランも並んでいるので、食事やお茶にもぴったりです。
オリンピック港には、シーフードレストランがずらり。観光用のレストランとは思いますが、テラスで食べられるロケーションはやっぱり素敵

オリンピック港には、シーフードレストランがずらり。観光用のレストランとは思いますが、テラスで食べられるロケーションはやっぱり素敵