ピンチョスやタパスにも挑戦

せっかくなので、本場のピンチョスやタパスにも挑戦。スペインのかたは、一度に5回食事をするとも言われており、ランチタイム以外の時間でも、ちょこっとしたものをいただくことができるお店がたくさん。時差で変な時間におなかがすくこともあるので、これがなかなか重宝です。

お店のかたがOKしてくだされば、ピンチョスは1皿・300円程度からオーダーできるので少しでも体験してみると楽しいです。
おいしいと評判の「ランブラス通り」近くにある、ピンチョスのお店「iRATi」で。どれでもひとつ1.95ユーロ。食べ終わったピンの数で精算

おいしいと評判の「ランブラス通り」近くにある、ピンチョスのお店「iRATi」で。どれでもひとつ1.95ユーロ。食べ終わったピンの数で精算

街にはチョコレートのかかったデニッシュパンやドーナツを売るお店が多数。チョコレート系のスイーツはとびきりでした。公園などでも食べやすいのでおやつにぴったりです。
この写真にはありませんが、チョコレートのかかったクロワッサンも絶品

この写真にはありませんが、チョコレートのかかったクロワッサンも絶品
 

宿泊は、“暮らすように旅”ができるAirbnbがいちおし!

ホテルでの宿泊も素敵ですが、私がおすすめしたいのは「Airbnb(https://www.airbnb.jp/)」。サイトやアプリからの予約で、現地の人から家やアパートを借りて宿泊することができます。今話題の“暮らすような旅”にぴったり。
バルセロナのこちらのアパートメントは、なんと窓から「サグラダ・ファミリア」が!

バルセロナのこちらのアパートメントは、なんと窓から「サグラダ・ファミリア」が!

キッチンが付いている物件なら、スーパーマーケットや市場の食材を調理して楽しむことができますし、食事の時間の予約も不要。
スーパーマーケットで買い物をするのも楽しみのひとつ!

スーパーマーケットで買い物をするのも楽しみのひとつ!

外食ばかりになりがちなホテル滞在よりも、子供の体調管理がとてもしやすいです。
朝食に市場で買ったオレンジを絞りました。こんな経験が旅に彩を与えてくれる気がします!

朝食に市場で買ったオレンジを絞りました。こんな経験が旅に彩を与えてくれる気がします!

洗濯機や乾燥機が付いている物件を選べば、旅先で子どもが服を汚しても安心。のびのびと思い切り遊ばせられますね!
バルセロナでは2つのアパートメントに滞在しました。こちらは石の壁がかわいいお部屋

バルセロナでは2つのアパートメントに滞在しました。こちらは石の壁がかわいいお部屋

「ファミリーOK」のフィルターで物件を検索することもできるので、ホテルを検討する際に、ぜひAirbnbの物件も候補に入れてみてはいかがでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。