低い給与、長く働けない職場。将来が不安です……

給与が少なく、人並みの生活が難しい

給与が少なく、人並みの生活が難しい

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、頑張って生活がやっとという33歳の契約社員の方。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)


■相談者
「宝くじ当たれ」さん(女性/契約社員/33歳)
宮城県/賃貸住宅

■家族構成
一人暮らし

■相談内容
貯蓄もなく、長く働けず将来が不安です。節約も、思いつくことはいろいろやっています。食事は毎日3食自炊。コンビニ・外食は年に数回。服や装飾品はここ10年ほど買っておらず、旅行も社会人になってから行っていません。クルマは通勤に必須のため手放せません。両親は他界し、母方の親戚しか残っていません。賃貸住宅も、格安物件は被災者優先なので、なかなか見つかりません。結局、生活費が足りず、休日はバイトをしています。

■家計収支データ
「宝くじ当たれ」さんの家計収支データ

「宝くじ当たれ」さんの家計収支データ



■家計収支追加データ
(1) 収入と労働時間について
「10万円」は社会保険料、税金等を引かれた手取額。ボーナスはないが、残業代はつく。労働日数は約月20日、労働時間は月200~220時間。バイトは土日の2日間で10~19時間、平日もときどきしている。

(2)職場環境と就職活動
職場は女性が多く、環境も良いので長く勤めたいが、職種的に長く働けず平均2~3年、10年で定年と言われている。勤務している人は、主に夫の収入で生活するパート感覚。転職活動もしているが、ほぼ書類で落ちている。

(3)保険について
医療保険/本人(入院保障5000円)=保険料1000円

(4)趣味・気分転換について
寝ることが趣味になっている。遊びに出掛けたり、何か他のことをする時間も余裕もなく、常に疲れていて眠いため。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 正社員よりも、現状より収入の多い仕事に就くことを優先すべき
アドバイス2 土日は休める環境を整える
アドバイス3 100万円貯めて、東京で就活も選択肢のひとつ
 
アドバイスの詳細はこちら>>