入籍前日に婚約破棄されて「人生のどん底」に

幸せを目前に大失恋をして、辛く悲しい気持ちになっていた女性のエピソードです。

幸せを目前に大失恋をして、辛く悲しい気持ちになっていた女性のエピソードです。

今まで数々の女性向け恋愛セミナーを開催してきて、女性が劇的に人生を変えていく瞬間に立ち会ってきました。今回は、先日とても嬉しいご報告をくださった女性、Aさんの例をお話します。

当時33歳だったAさんは、なんと入籍前日を婚約破棄されてしまいます。
もしあなたが最愛の人との入籍前日に婚約を破棄されたら、どんな状態になるでしょうか? 人生のどん底だ……と思うかもしれません。彼女はそんな人生の一大事ともいえる大失恋を味わいました。

そんなときに、私のセミナーに訪れた彼女に出会います。当時はまさに失意のどん底で、そこで藁にをもすがる思いだったと言います。
しかし、そのわずか5ヶ月後に最愛のパートナーと出会い、さらに4か月後にはプロポーズを受けます。なんとわずか1年で大失恋から幸せな結婚に至り、それから半年後には出産もして、幸せなママにもなりました。彼女は1年半という期間に、人生最悪の日から幸せの絶頂へ、まるでジェットコースターのような経験をされたのです。

彼女はなぜ劇的に人生を変化させることができたのでしょうか? いったいどんな心境の変化があり、運命を引き寄せてることができたのでしょうか? さっそく、その経緯を探っていきたい思います。

どん底の彼女がやってみた最初のステップ

辛い気持ちを引きずりながら、新たな出会いを求めて行動を始める彼女。

辛い気持ちを引きずりながら、新たな出会いを求めて行動を始める彼女。

私の前に現れたときの彼女は、「出口がまったく見えない最も暗いトンネルの中にいる気分です」と言っていました。「この先も真っ暗なトンネルがずっと続くのでは?」と思うと、未来にまったく希望が持てず、不安な気持ちで押しつぶされそうだったはずです。

そんな彼女は始めたのは、恋愛に関するカウンセリングを受け、新しい出会いを求めて少しずつ行動していくことでした。合コンやパーティー、知人からの紹介など、一般的な方法には片っ端から精いっぱいにトライしてみました。当然、最初は好きになれそうな人との出会いになんてまったくないように思えて、気持ちが折れてしまいそうだったそうです。

それでも少しでも前に進まなきゃと思った彼女は、泣きながら必死に自分に言い聞かせ、「絶対に幸せになる!」と自ら前に進む決意したことが大きな転機につながる最初のステップでした。

人は、絶望的なできごとがあったとしても、ずっと落ち込んだ気持ちで一生を過ごしているわけにはいきません。時間の経過とともに嫌でもこれからの未来とも向き合わなけば前に進めないのです。

>>新しい出会いなんてないのでは……とあきらめかけた彼女が次にとった行動とは?