長生きだけでは意味が無い

健康的でやりたいことをできるからこそ、人生を謳歌することができる

健康的でやりたいことをできるからこそ、人生を謳歌することができる

日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳で、過去最高の長寿時代となっています。一方、健康寿命は男性が71.19歳、女性が74.21歳であると言われ、平均寿命との差が問題視されています。

健康寿命とは、寝たきりなど「健康的ではない状態」で余生を過ごす期間は含まれず、健康上の問題がなく生活を送ることができる寿命のことを指しています。健康寿命と平均寿命との差は、それだけの年数を人生を謳歌できないまま過ごしてしまうということを表しているのです。

今回ご紹介する『死ぬまで健康でいられる5つの習慣』は、健康な身体でやりたいことをやりつくす人生を送るために、今からできる具体的な習慣を紹介してくれる本です。

著者である菅原道仁氏の、脳神経外科専門の北原国際病院救急外来で腕を磨いた知識と経験をベースに、

  1. ワクワクする人生の目的をもつ
  2. 頭の中の健康スイッチを入れる
  3. 身だしなみに気をつかう
  4. 小さい不調も放置しない
  5. 死に至る病気を予防する

といった個人の生き方や容姿管理などを5つの習慣として融合させた、新しい健康法を伝えています。

一般に、健康寿命を伸ばすためにはテクテク歩き(適度な運動)、カミカミ食べ(規則正しい食事)、ニコニコ笑い(心の治癒力)、ドキドキする(五感を使う)ことが必要だと言われています。とはいえ、これらの要素はいきなり実践できるものではなく、それまでの習慣の積み重ねを表しているものです。最期に「やっておけばよかった」という後悔を残さないためにも、ぜひ読んでおきたい1冊でしょう。

『死ぬまで健康でいられる5つの習慣』の発売日は4月21日。ネット通販他、各書店で販売される予定です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項