郊外型の邸宅を、住友林業の経験豊富なデザイナーが設計

住友林業 住宅事業本部 技術商品開発部 次長undefined藤原広行さん

住友林業 住宅事業本部 技術商品開発部 次長 藤原広行さん

『BF GranSQUARE STYLE OUTSIDE』は、先に発表した都市型邸宅『BF GranSQUARE STYLE INSIDE』と同じく、豊富な経験と見識を備えたデザイナー(建築士)が設計する上質な住まいです。

「『OUTSIDE』は郊外の暮らしに合わせて、より開放的なデザインとしました」と語るのは、住友林業 住宅事業本部 技術商品開発部の藤原さん。

都市型邸宅『BF GranSQUARE STYLE INSIDE』はこちら>>

都市型の『INSIDE』は、プライバシーを守るために建物の内側に中庭などの外部空間を取り込んでいます。『OUTSIDE』はそれとは対照的に、建物の外側に庭や借景を求めるプラン。庭に通じる大きな窓や緑を楽しむテラスなど、より自然を感じられる空間構成が魅力です。

下の写真のような大開口や大空間が『BF GranSQUARE』の特徴の一つですが、これは住友林業オリジナルの「BF(ビッグフレーム)構法」によるもの。日本初の木質梁勝ちラーメン構造で設計の自由度が高く、壁一面の大開口や広々とした大空間を実現しやすい構法です。
夜景

壁一面に広がる大きな窓がダイナミックな印象です


箱型がつくり出す多彩なプラン。巧みな設計で自然を取り込む 

『BF GranSQUARE STYLE OUTSIDE』では、箱型を基本として、敷地の広さに応じて平面をデザインしていきます。庭とのつながりを考慮しながら複数の箱を配置することで、開放感あふれる空間と共に造形的にも美しい建物の姿をつくり出します。

『BF GranSQUARE STYLE OUTSIDE』には、大きく分けて4つの間取りパターンがあります。
4つのパターン

(クリックで拡大します)


シンプルな箱型の組み合わせで、これだけバリエーションに富んだプランを生みだせることに驚きます。「“箱”は住宅設計の基本形。まずは、立方体を敷地に置くことから設計デザインがスタートします。そして、周辺環境などさまざまな要素を考慮しながら、形を変化させていきます」(藤原さん・以下同)。
外観

スクエアな外観には、流行に左右されない普遍的な美しさがあります。 道路側の外壁はモルタル左官仕上げで石積み風のデザインに

玄関

天井や壁の一部は外部と同じ素材を用いました。 奥に見える庭と共に、外とのつながりを演出しています

和室

中庭を望む和室。随所に外部空間とつながるしかけが織り込まれています


『BF GranSQUARE』のインテリアは、木、土、石などの自然素材を積極的に取り入れ、モダンな雰囲気の中にも風情があるのが特徴。たとえば、世界三大銘木のマホガニー、ウォルナット、チークをはじめとする個性あふれる樹種を用意。無垢材の織りなす木目の表情は、自然のみがつくり出せる芸術作品のような美しさがあります。
リビング

リビング床は無垢のマホガニー材。黒い壁と白い天井のコントラストが 端正な美を表現しています。窓サッシも黒で統一し、空間を引き締めています

左官壁

ダイニングキッチンとの境に設けた壁は、著名な左官職人によるもの。 壁そのものがアートのような存在感を放っています


モデルハウス平面図

(クリックで拡大)

【八事モデルハウス】建築面積 157.40m2(47.61坪) 1階床面積130.83m2(39.57坪) 2階床面積 109.97m2(33.26坪) PH階床面積7.03m2(2.12坪) 延床面積 247.83m2(74.95坪)



今回ご紹介した郊外型プランの『BF GranSQUARE STYLE OUTSIDE』と、都市型プランの『BF GranSQUARE STYLE INSIDE』。共に、住まいに独自のこだわりをもつ方の要望に応える上質な住まいです。高い設計力を持つデザイナーの手による邸宅を、ぜひご覧いただきたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。