郊外型の邸宅を、住友林業の経験豊富なデザイナーが設計

住友林業 住宅事業本部 技術商品開発部 次長undefined藤原広行さん

住友林業 住宅事業本部 技術商品開発部 次長 藤原広行さん

『BF GranSQUARE STYLE OUTSIDE』は、先に発表した都市型邸宅『BF GranSQUARE STYLE INSIDE』と同じく、豊富な経験と見識を備えたデザイナー(建築士)が設計する上質な住まいです。

「『OUTSIDE』は郊外の暮らしに合わせて、より開放的なデザインとしました」と語るのは、住友林業 住宅事業本部 技術商品開発部の藤原さん。

都市型邸宅『BF GranSQUARE STYLE INSIDE』はこちら>>

都市型の『INSIDE』は、プライバシーを守るために建物の内側に中庭などの外部空間を取り込んでいます。『OUTSIDE』はそれとは対照的に、建物の外側に庭や借景を求めるプラン。庭に通じる大きな窓や緑を楽しむテラスなど、より自然を感じられる空間構成が魅力です。

下の写真のような大開口や大空間が『BF GranSQUARE』の特徴の一つですが、これは住友林業オリジナルの「BF(ビッグフレーム)構法」によるもの。日本初の木質梁勝ちラーメン構造で設計の自由度が高く、壁一面の大開口や広々とした大空間を実現しやすい構法です。
夜景

壁一面に広がる大きな窓がダイナミックな印象です


続いて、具体的なプランを見ていきましょう>>

<関連記事>
シンプルに、美しく。“箱”から発想した都市型邸宅