5つの選択肢があるアンダー15万円のMacBook

支払いのメドが立った(?)ところでアンダー15万円のMacBookのそれぞれの特徴と、ファーストMacBookとしてのオススメ度を考えてみましょう。今回ピックアップするのは以下の5モデルです。

  • 11インチ MacBook Air 10万2800円
  • 13インチ MacBook Air 11万2800円
  • 13インチMacBook Pro 12万6800円
  • 新しいMacBook(12インチ) 14万8800円
  • 13インチMacBook Pro Retina 14万8800円
※価格はすべて税別

予算ギリギリでも無理して選びたい13インチMBA

11インチと13インチのMacBook Air

11インチと13インチのMacBook Air


もう予算カツカツでとにかく安くMacBookを手に入れたいという方は、11インチMacBook Air(以下MBA)しか選びようがないかもしれません。しかし、1.08kgの軽さやコンパクトさを求めているのでなければ、あと1万円足して13インチMBAを選んだ方が無難です。

270gほど重くなりますが、ただでさえ解像度の低いMBAの画面が11インチ(1366×768)から13インチ(1440×900)へと若干広がるのをはじめ、SDカードスロットが追加、バッテリー持続時間も9時間から12時間へと一気に増えるからです。

これは11インチMBAを2台乗り継ぎ、結局13インチMBAに落ち着いた筆者の経験。悪いことは言いません、1万円余分に払っておきましょう

ちなみにEarly 2015モデルからThunderboltによる4K出力をサポートしたので、外出中は狭い画面で我慢しつつも、帰宅後は広い4Kディスプレイにつなぐ、といった使い分けも可能です。もっとも4Kディスプレイだって5万円以上はするんですけどね。

なお、いずれにしても最安のMBAの記憶領域はSSD128GBです。メインマシンとして使っていれば早晩足りなくなりますので、1TB~2TBの外付けHDDを購入する準備もしておいた方がよいでしょう。