ママが運転しやすい「5ナンバーサイズの7人乗りミニバン」

まず注目したいのが、幼稚園や保育園への送迎やママ友たちとのランチ、家族全員でのドライブ旅行、帰省した時には親を乗せるなど、子育てママの移動手段として無敵の存在である「7人乗りのミニバン」です。

しかし、大人数が乗れるクルマだと、どうしてもサイズが大きくなりがち。長いことペーパードライバーだったママや、コンパクトなクルマしか運転したことのないママには、運転するにもハードルが高すぎる車種がほとんどです。

ウィッシュ2005年式

画像はウィッシュ2005年式。このモデルはH20年(2008年)式前後で探せば、本体価格が100万円以下のクルマがたくさん見つかります。6人乗りと7人乗りの設定あり。6人乗りは2列目シートがセパレートタイプ。

そこで、ミニバンデビューにもおススメなのが「5ナンバーサイズ」。「教習車」と同じサイズと言えば「私にも運転できるかも」と思えませんか?

トヨタ・ウィッシュは、1.8リッターエンジンで高速道路でも余裕のパワーがあり、大人7人がゆったり乗れる室内も魅力です。なにより「お弁当箱みたいな四角いスタイルのミニバンは好きじゃない」という女性からは、低めの重心で、いかにもミニバンっぽくないデザインが支持されています。

日産・セレナもウィッシュと同じく5ナンバーサイズの運転しやすさが女性から人気のポイント。室内高があるので車内での着替えもOK。フラットシートにして横になれたりと、レジャーでも活躍してくれる一台。シートアレンジをすれば自転車だって積載できます。子供の乗り降りが安心な電動スライドドアがオプションで付いているクルマが狙い目です。
セレナ2010年式

画像は2010年式セレナ。こちらもH20年式(2008年)前後は諸費用込みでも100万円の中古車がたくさん。DVDプレーヤーなど子供向け装備が付いたクルマも多いので、オプションも忘れずにチェックを。


5人乗りなら「ハイトワゴン」「両側スライドドア」が使える!

「軽自動車一台だけでは不安……でも3列シートのミニバンまでは必要ない」

そんなファミリーには1.5リッター前後のエンジンで、背の高いワゴンタイプがおススメです。これから子供ができるかもしれない新婚夫婦、もしくは子供は一人だけの3人家族であれば、チャイルドシートを一席分に付けっぱなしでも大人が4人乗れて、子供はもちろん、大人が赤ちゃんを抱っこして乗り降りするのもラクラク。

まずはホンダ・フリード。背は高いのに、キュッと締まったボディで取り回しも簡単。小回りも効くので、どんな駐車場でもモタモタせずに車庫入れができるのがポイント。両側スライドドアはベビーカーを横に付けて赤ちゃんを乗せるのにとても便利です。おまけにフリードは地上高が低めなので、荷物の出し入れも腰や膝に負担がかかりません。

フィード

画像はフリード2010年式。H20年~22年式あたりは諸費用込みで100万円前後のクルマが多め。運転席は開放感バツグンで、ママが気軽に運転できるサイズも魅力。セカンドシートは折り畳んで跳ね上げられるので、荷室スペースを広げることも可能です。


もう一台はスズキ・ソリオ。こちらも5人乗りハイトワゴンで、フリードと同じく両側スライドドアが使いやすいポイントです。排気量は1.2リッターですが、街乗りやちょっとした買い物程度なら十分なパワーがあり、同じ年式の軽自動車と変わらない値段の割に室内も広く、インテリアの作りもしっかりしています。

ソリオ2010年式

2010年式ソリオ。排気量は1200CCとフリードより小さめだが、H23年式(2011年)前後で比較的新しい中古車でも100万円前後のクルマが増え始めている。税金が安い軽自動車に注目しがちだが、車両の値段と維持費を考えればソリオも非常にコスパの良いクルマ。


中古車なら多少のキズや汚れも気にせずに、遊び盛りの子供たちに付き合えます。子供をきっかけに免許を取った初心者ドライバーママや、地方転勤でクルマが必要になったママも、中古車に注目してみてはいかがですか?徹底的に使い倒せて、リーズナブルなクルマがたくさんありますよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。