黒部宇奈月温泉駅は隣接したフィールドミュージアムが最大の特徴

解説画像

黒部・宇奈月の観光拠点である美しい新幹線駅


停車駅の少ない速達タイプの「かがやき」ではなく、東京間を2時間30分ほどで結ぶ「はくたか」が停車する黒部宇奈月温泉駅

解説画像

北陸新幹線のはくたかが停車する黒部宇奈月温泉駅


最大の特徴は、駅に隣接して建てられた地域観光ギャラリーです。同ギャラリーは大きく分けて、

(1) 黒部の自然を予習できるフィールドミュージアム
(2) 黒部を中心としたお土産を集めた物産コーナー「のわまーと」


といった2つの見どころがあるので、それぞれ詳しく解説します。

○黒部宇奈月温泉駅
住所:富山県黒部市若栗3210-3
主要サービス:みどりの窓口(6時20分から23時まで)、みどりの券売機、 駅レンタカー、こども110番の駅、パーク&ライド可、駅スタンプ、コインロッカー

1:黒部の自然を予習できるフィールドミュージアム

解説画像

黒部・立山周辺を再現した巨大マップ


黒部宇奈月温泉駅の改札を出て左手から外に出ると、目の前に地域観光ギャラリーが建っています。その建物の正面には、富山県東部全域を再現した巨大な立体地図が設置されていて、旅の人を驚かせてくれます。

巨大模型地図の真下には同エリアの空撮写真が展示されていて、巨大模型地図の上の階には、日本ジオパークにも認定された立山黒部の自然を解説したミュージアムが広がっています。

解説画像

巨大マップの下には、同エリアの航空写真が展示されている


標高3,000mの立山連峰から、黒部川の作る扇状地、さらには深海1,000mの富山湾に至るまで、ダイナミックな景観の変化を楽しめる同地ならでは魅力を解説してくれるミュージアムなので、旅の予習には最適です。

解説画像

黒部・立山の自然に関するさまざまな展示物を見られる


富山湾を代表するグルメのブリやベニズワイガニの等身大ぬいぐるみもありますが、なんと本物と同じ重さが再現されています!旅先で食べる前に一度、富山湾の王者ブリを両手で抱き上げてみては?

○黒部市地域観光ギャラリー
住所:黒部市若栗3212-1
電話:0765-57-28510765-57-2851
開館時間:9時から19時まで

次のページでは、駅隣接の物産コーナー「のわまーと」をご紹介します。