おすすめスポットその1:空飛ぶ展望台から眺める絶景の紅葉鑑賞(見ごろは9月末~10月半ば)

解説画像

紅葉の立山をロープウエーで移動する

日本を代表する山岳観光スポット立山黒部アルペンルートは、そのルートの全てが紅葉の見どころだと言えるかもしれません。ただ、その中でも標高2,316メートルの大観峰(だいかんぼう)から1,828メートルへの黒部平へと、標高差500メートルを下るロープウエーからの眺めは、理屈抜きに絶景です。

黒部湖を囲む高山地帯は、赤や黄色に染まった高山の森と、森林限界を超えた北アルプスの岩肌、山頂付近の雪渓(せっけい)の白色が混ざり合い、独特の美しさを作りだしています。

解説画像

弥陀ヶ原の紅葉をバスで抜けるルートも絶景

大観峰(だいかんぼう)に至る登山ルートや弥陀ヶ原(みだがはら)も美しいですが、立山の紅葉は大観峰から黒部平へと通じる標高差500メートルで絶頂を迎えます。9月末から10月半ばが見ごろなので、ぜひとも足を運んでみてくださいね。

■立山ロープウエー
普通運賃:片道1,300円、往復1,940円
運行時間:8:10~16:45(大観峰発→黒部平行き)、7:30~17:10(黒部平発→大観峰行き)※20分間隔で運行
所要時間:7分
移動距離:1.7キロメートル
紅葉の見ごろ:9月末~10月半ば
公式サイト

■周辺にあるおすすめ紅葉スポット
室堂(むろどう):見ごろは9月末~10月初め
弥陀ヶ原(みだがはら):見ごろは9月末~10月半ば
称名滝(しょうみょうだき):見ごろは10月初め~10月末

次のページでは、トロッコ電車で紅葉を鑑賞するコースをご紹介します。