イースターのおすすめ土産1 チョコレート、お菓子

heinemann

うさぎや卵をモチーフとしたお菓子がいっぱい!写真はデュッセルドルフのハイネマン

スーパーやデパートの食品売り場やコンディトライ(お菓子屋さん)では、イースターの時期ならではのうさぎや卵をモチーフとしたスイーツがいっぱい。クッキーやケーキ、マジパン菓子など種類豊富に揃っていますが、なかでもおすすめなのがチョコレート。パッケージも可愛らしく日持ちもするのでお土産にぴったりです。
 

イースターのおすすめ土産2 イースターエッグ

osternegg4

ひとつずつ手作りされた色とりどりのイースターエッグ。市場の雑貨屋さんにて

ドイツのイースターに欠かせないアイテム、イースターエッグ。市場のお花屋さんや雑貨屋さんでは、カラフルに色づけされたシンプルな卵から、ひとつひとつ絵付けされた芸術品までバラエティ豊富なイースターエッグがずらり。卵を使ったイースターリースもあります。卵なだけに壊れやすいのが難点ですが、上の写真のように卵ケースに入れたり梱包を工夫して慎重に持ち帰りましょう。

クリスマスの時期にクリスマスマーケットが立つように、イースターマーケット(イースターエッグやグッズを売る市場)が開かれる街もあります。

ミュンヘンの台所、ヴィクトアリエン市場でも様々なイースターグッズが見つかりますよ>>>ヴィクトアリエン市場で買うミュンヘンのお土産7選
 

イースターのおすすめ土産3 雑貨やキッチン用品

zakka

雑貨屋さんの華やかなデコレーション。可愛いイースターグッズがいっぱい

イースターが近づくと雑貨屋さんやインテリアショップ、デパートなどにはイースターグッズがあふれます。うさぎの人形や置物などデコレーショングッズ、食器、ドイツらしいフェルト雑貨など可愛いものがよりどりみどりで女性だったらきっとテンションがあがってしまうと思いますよ。うさぎや羊型のお菓子型やナプキンなどキッチン用品もおすすめです。
 

ドイツのイースターのごちそう

egg2

スーパーや市場で売られている鮮やかな色のゆでたまご。もちろん食べられます

キリスト教においては、イースターはカーニバル後から続いた断食期(Fastenzeit)が終わる解禁日。現在は厳しい断食をする人はあまりいないと思いますが、この時期に肉やアルコール、甘い物などを断つファスティングをする人もいます。フランクフルトを中心とするヘッセン州では、イースター前の肉を食べない「緑の木曜日」に、7種のハーブ(ドイツ版春の七草)を使ったグリーンソースをじゃがいもや卵にかけて食べる風習もあります。

そして断食期明けのイースターは思いっきり食べられる日とあって、家族で集まりごちそうをいただくのが習わし。なかでも伝統的なのがラム肉やうさぎの肉を使った料理で、多くのレストランでイースターのための特別メニューが用意されています。スーパーではカラフルに色づけされたゆで卵やうさぎをデザインしたハムなども売られています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。