台湾第2の注目都市 高雄を満喫オプショナルツアー

高雄港

世界3大港のひとつとも言われ発展を続ける高雄港


台湾南部に位置し温暖な気候の高雄は南国のあたたかい雰囲気が漂うアジアの大都市。散策しながらパワースポット巡りのできる蓮池潭や、整備されたリバーサイドとロマンチックなナイトクルーズのある愛河、情緒ある港町旗津風景区など、台北とはちょっと違った台湾の魅力に触れることができます。日本からの直行便はもちろん、台北からでも新幹線で最短約1時間半という近さもあり、気軽に日帰りで訪れることができる地方都市です。

大都市高雄では地下鉄やバス、フェリーなどの交通網がもちろん発達していますが、地方都市ということもあり台北よりも日本語が通じないこともしばしば。オプショナルツアーなら移動もラクラク、宗教や歴史の背景のある観光地もガイドさんの詳しい説明で理解が一層深まります。台北からの日帰りには新幹線の手配が必要ですが、これも個人だとなかなか大変。台北市内のホテル送迎から新幹線のチケット、更に高雄市内のガイドツアーも含まれたツアーなら地方都市への観光でも心配無用です。

国際的港湾都市 高雄のおすすめオプショナルツアー

台湾第2の都市、高雄。日本からは直行便で約3時間半~4時間半と台北よりは遠いものの、大阪、成田空港からLCCも運航を開始している注目エリアです。古くから高雄港を中心に発展してきた国際的港湾都市高雄では、高層ビルやモダンな商業地区もあれば、気候に負けないあたたかい人柄の素朴な港町も残ります。

■まるでテーマパーク カラフルな寺廟が目を引く蓮池潭
龍虎塔

なんとこれが入口と出口! 順路が大事な龍虎塔

蓮池潭は湖畔の遊歩道を散策しながら寺院巡りが楽しめる淡水湖。中でも一番目を引くのが、ガイドブックでもお馴染みの、入口と出口が龍と虎の大きな口になっている双塔龍虎塔。龍から入って虎の口から出ると善人になれると言われています。高さ22mの北極玄天上帝像や、観音様が巨大な龍の上に乗る春秋閣、台湾で最大の孔子廟など、一度は訪れてみたいユニークな寺廟巡りの湖です。


■高雄を最も感じる場所 風情ある港町エリア
運河にかかる橋

夜は運河にかかる橋もライトアップされロマンチックな雰囲気に

高雄港を覆うように延びる旗津半島には、130年の歴史がある白亜の灯台や、海の安全を願って建てたれた天后宮、海鮮グルメのお店など港町らしい風景が残ります。高雄港に注ぐ運河の愛河沿いはきれいに整備され、お洒落なカフェやバーが並びデートスポットになっています。夜はクールズで美しくライトアップされた夜景観賞もおすすめ。高雄の今と昔を感じてください。


■まだまだあります! 台湾南西部の観光は高雄から
烏山頭ダム

多くの台湾人から尊敬される日本人技師がつくりあげた烏山頭ダム

台湾の水利事業に貢献し烏山頭ダムを建設、記念館も建てられている八田與一は台湾で最も尊敬されている日本人と言われています。ゆかりの地である烏山頭や、2015年に映画が公開され話題となった、日本統治時代3民族により構成された甲子園出場チーム実話の舞台、嘉義の観光もおすすめです。客家の里として有名な美濃や、先住民パイワン族が暮らす三地門など台湾独自の文化に触れるツアーなども高雄からご参加いただけます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。