格で味も変わる!? スペインワインの格付け

格付けはワインを選ぶ際の1つの目安になる

格付けはワインを選ぶ際の1つの目安になる

格付けと言ってもややこしいものではありません! ワインの質を知る1つの目安として、ちょっと覚えてみましょう。ただ地方によっては、ワイン作りに使用するぶどうの品種など細かく制限があるために、高品質のワインであるにも関わらず、格付けに入っていないワインもあります。

■VINO DE PAGO (ヴィノ・デ・パゴ)
格付けのトップで、他と異なる際立ったテロワールの特定の畑に与えられる称号。2010年5月現在9つあります。

■DOCa (デーオーセーアー)
デノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダの略。DOから昇格が認められた地域。2010年5月現在リオハとプリオラットの2つのみです。

■DO (デノミナシオン・デ・オリヘン)
地域内で栽培された認可種を使った、厳しい審査で原産地呼称委員会に認められたワイン。高品質ワインの中の最低限の基準をクリアしているという、太鼓判のようなもの。

■VINO DE CALIDAD CON INDICACION GEOGRAFICA
(ヴィノ・デ・カリダ・コン・インディカシオン・へオグラフィカ)
2003年に新しくできた格付けで、ヴィノ・デ・カリダと省略して呼ばれることが多い。ヴィノ・デ・ラ・ティエラのワインよりも基準が高く、ただ単にDOの認定種を利用していないから、などの理由でDO入りしていない最高品質のワインも多くあります。

■VINO DE TIERRA (ヴィノ・デ・ティエラ)
カントリーワイン。地域名が表記されたテーブルワイン。

■VINO DE MESA (ヴィノ・デ・メサ)
テーブルワイン。品種や生産地の規定も表示もないワイン。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。