低燃費はもちろん、強烈な加速力も魅力!日産フーガハイブリッド

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回は日産フーガハイブリッド(現行)をご紹介したいと思います。
フーガハイブリッドundefinedフロント

ダブルピストンショックアブソーバーなるものを採用し、路面からの入力に合わせて減衰力をコントロール。大きな揺れとゴツゴツした振動の両方を抑え、高級セダンらしい乗り心地を実現


ひと頃に比べてガソリン価格が下がったとはいえ、世の中の節約志向はそう簡単には収まりそうにありません。実際、燃費のいいハイブリッドカーや軽自動車が新車ではよく売れています。

そんな中で今回見つけたのは、購入価格もガソリン代も節約できるハイブリッドカー。しかも踏めばガソリンエンジン+モーターの競演で強烈な加速感を味わえる一台です。

デビューはガソリン車であるフーガの約1年後となる2010年10月。フーガが3.7Lと2.5LのV6ガソリンエンジンを積むのに対し、フーガハイブリッドはハイブリッド専用にチューニングした3.5LのV6ガソリンエンジン+モーターとなります。

日産初のハイブリッドカーは2000年登場のティーノハイブリッドですが、100台限定販売でしたから、事実上このフーガハイブリッドが日産初と言えるでしょう。
フーガハイブリッドundefinedリア

リチウムイオンバッテリーを後輪の車軸上に搭載しています。しかしトランクルームへの影響は最小限にとどめられ、9インチゴルフバッグを4つ積める容量を確保しています


ハイブリッドで先行するトヨタやホンダとは違い、日産独自のFRベースのハイブリッドシステムを採用。1モーター+2クラッチ方式で、モーターだけの走行やモーター+エンジン、エンジンのみと走行状況に合わせて走ります。

ちなみにガソリンエンジン+モーターの競演による強烈な加速は140km/hまで可能としています。ま、公道で140km/h出せるところはないのですが、とにかくそれだけ楽しめるということです。ハイブリッドカーにも関わらず。

一方で10・15モード燃費は19.0km/L(デビュー時。2013年7月にはJC08モードで16.6km/Lから19.0km/Lへ改善)。3.7Lガソリンエンジンを搭載するフーガ370GTが10.0km/L(10・15モード燃費)ですから、約2倍も燃費がいいのです。

つまり走っても楽しいし、燃費も良いハイブリッドカーというわけです。では、それがいくらから狙えるのか。原稿執筆時点での最安値は2010年式/8.3万km/修復歴なしの214.8万円です。

走行距離5万km未満で探してみても、例えば2010年式/4.3万km/修復歴なしで259.0万円の車が見つかります。どちらも新車時価格577.5万円のベースグレードですから、新車の半額以下というわけです。

同じハイブリッドシステムを搭載するシーマ(約1年後の2012年5月に登場)は、まだ新車時の半額には届かないだけに、フーガハイブリッドのおいしさが際立ちます。

もちろん価格以外にも、日産の高級セダンですから、装備も大変魅力があります。次ページで詳しく見ていきましょう。