風景撮影などをしていて実際に目にしている被写体の形とは違って写ったことがあるという経験をしたことがある方も多いかもしれません。被写体の形がどれくらい変わって写ってしまうのか、その対処方法などについて考えてみます。


<Index>

広角レンズは被写体が歪みやすい

写真を撮るときは必ずレンズを通して画像を記録しますが、このときのレンズのサイズによって写す被写体の形に歪みが生じやすくなります。特に広角と呼ばれる、焦点距離が30ミリ以下の広範囲が写るレンズサイズでは、歪みが大きくなる傾向があります。

ズームレンズで通常撮影をし続けていると、このレンズサイズや焦点距離について意識しなくなってしまうという場合も少なくありません。わかりやすい例では、広い風景の場所や大きな建物をフレームに入れて写すような時は、ズームレンズをワイド側にして撮影していることが多いかもしれません。

下の作例写真をご覧ください。高層ビルがある風景を撮った写真です。
写真の歪みを補正する方法

広角レンズで撮影した高層ビル。中央のビルが右側に傾いて写っている。これもレンズによる歪曲。

この写真をよく見ると上に伸びるビルの形が曲がっているのに気がつきます。実際に目視しているときには絶対にこんな風には見えてないはずです。

このビルの曲がり具合が、レンズが起こした歪曲部分です。レンズを通して画像を見ると、直線であるはずのものが曲がって見えるようになることがあります。広角レンズを使うと特に直線が外側に曲がって写ります。

これは、球面のレンズを通して像を見ると起こる現象です。撮影時に補正するために、非球面レンズを使ったカメラレンズも作られています。一般的なコンパクトデジカメや一眼用ズームレンズは球面レンズ仕様のものが多いです。

歪曲して写ってしまうことは、レンズの特性として起こってしまうものと理解しておくといいでしょう。
 

写真の歪み補正機能「アオリ効果」で曲がった画像を修正

ニコンのカメラには、垂直が曲がって写ったときにそれを補正する「アオリ効果」という機能があります。これは、広角レンズで歪曲して写った画像を簡易的に補正するために作られたものです。「アオリ効果」は縦横の2軸で補正でき、ある程度の曲がりは修正できます。

前の段階でアップした写真を作例にします。
 
歪曲修正

「アオリ効果」で修正してみる。縦と横の軸でそれぞれ調整することが可能。


修正後の写真がこちら。曲がっていたビルがかなりまっすぐに見えるように修正できました。またその修正具合がわかるように二枚の写真を重ねてみたものも挙げておきます。
 
歪曲修正

修正後の写真。真中のビルが曲がって写っていたものが、かなりまっすぐに見えるくらいになった。

 
歪曲修正

修正前後の写真を重ねてみた画像。どれくらい修正することで画像が変わったのかが比較して見られる。

 

写真の歪み補正機能「傾き補正」で画像の曲がりを修正

またニコンの機種には、傾いて撮った画像を水平に直す「傾き補正」という機能が搭載されている機種があります。こちらは歪曲して写っただけではなく、水平を曲げて撮ったしまった写真などの修正にも役立ちます。

実際にこの機能を使って作例がどれくらい傾き具合を補正できるのか見てみましょう。作例としてこちらの写真を使います。
 
歪曲修正

建物の枠として写っている部分が右下に大きく傾いて写っている。


この写真をニコンの「傾き補正」を使って曲がっている部分を修正していきます。
 
歪曲修正

「傾き補正」を使い、歪曲して写った部分を直していく。


そして修正後の写真がこちらです。修正前の上に上げてある写真と比較してもらうと建物の枠の部分がほぼまっすぐになっているのがわかります。
 
歪曲修正

「傾き補正」で修正後の写真。曲がっていた建物の枠がまっすぐに近く修正された。


ここではニコンのカメラの機能を使って修正しましたが、同様の修正は編集ソフトを使って行うことも可能です。広角レンズの持つ特性を理解しつつ、それに対応する方法も探って歪曲して写る画像対策にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【関連記事】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。