みなさん、こんにちは。佐々木クリスです。

今回がバスケットボール・ページの初回となりますので、まずはバスケットボールの誕生についてご紹介したいと思います。


バスケットボールは生みの親が存在する珍しいスポーツ

世界中で親しまれているバスケットボールの誕生秘話をお届けします。

世界中で親しまれているバスケットボールの誕生秘話をお届けします。

バスケットボールは明確な生みの親が存在する珍しいスポーツと言われています。競技の誕生を知るには、30歳にしてバスケットボールを考案したジェームス・ネイスミスを知る必要があるでしょう。

ネイスミス家はジェームス誕生の前にスコットランドからカナダ・オタワに移住、ジェームスは1861年同地で生まれました。その後幼くして両親を失うと兄弟達は叔父に引き取られ、高校時代には一時休学して叔父の農作業を手伝っていたと言われています。この頃にジェームスは職業として牧師を志す事を決意。後にモントリオールの大学に入学を果たします。

当時の学生にはラグビー、サッカー、ラクロス、フットボールなどと言った屋外で行う接触の多いスポーツが好まれていたようで、ジェームスもスポーツの魅力に引き込まれて行きます。しかし、当時は『牧師が身体に傷を付ける行いは牧師の道に反する』という考え方が根強く、ジェームスは葛藤。進路について迷っている時、ジェームスはある出会いからマサチューセッツ・スプリングフィールドに1885年に新設されたYMCAスタッフ育成学校、現在のスプリングフィールド大学に行く事を進められます。

YMCA(キリスト教青年会)は当時からスポーツを容認しており、1891年ジェームスは体育教師として赴任。この冬、元気溢れる学生達が室内体育館でも出来るスポーツはないかと、同年12月に13条のBasket Ball原案をまとめるに至りました。これがバスケットボールの誕生です。


BasketballはBasket Ballだった

バスケットボール誕生当時、人気スポーツはどれも激しいコンタクトを伴うものばかり。さらに体育館では器械体操を行うのが通常で、現在のような広い体育館はありませんでした。体操を行う用具や、体育館の真ん中に天井を支える柱が立っていたりするところもあったと言われます。

危険を回避する意味からも13条の原案では接触を禁止、またボールを持って走る事も禁止しました。体育館の両端10フィート(3m5cm)に桃の籠を釘で打ち付け、最初の試合は9対9に分かれた18人が”サッカーボール”をパスでつなぎ、頭上の桃の籠に投げ入れ得点を競いました。この最初の試合には石川源三郎という日本人も参加しています。

ジェームスが考案した事から自身の名前をスポーツの名前にしてはどうかと進言を受けましたが、本人はこれを好まずゴールに見立てた籠からバスケットボールと命名。日本で籠球と表記される事があるのはこのためです。

この後YMCAの機関誌によってバスケットボールは全米に広まるとともに、ジェームス・ネイスミスは1898年にカンザス大学に移り、現在も”ジェイホークス”の愛称のもと親しまれるバスケットボールチームを率いてバスケットボールの発展にさらに貢献していく事となります。