バツイチ子持ち男性を狙う!?

今年こそ結婚したい!と意気込んでいる女性は少なくないと思います。しかし、問題は「本気度」です。どのくらい結婚したいと思っているのかが重要なんですね。結婚したいと言いつつも、男性に対して学歴、収入、ルックスなどすべてにおいて高いハードルを設けている女性もけっこういます。

確かに、学歴、収入、ルックスは大切かもしれませんが、これがある程度そろっている人は、とっくに他の誰かと結婚しているはず。本当に結婚をしたいと思うなら、妥協も必要になるでしょう。ただし、学歴、収入、ルックスがある程度そろっている人の中でも、ある1点が女性にとってネックになっているために今現在、独身でいるという男性もいます。それは「バツイチの子持ち」という点です。

バツイチ子持ち男性は再婚を熱望

家事に負われるバツイチ子持ち男性。毎日が重労働。そのため再婚を希望することが多い

家事に負われるバツイチ子持ち男性。毎日が重労働。そのため再婚を希望することが多い

バツイチ子持ちの男性は、再婚を強くのぞんでいる傾向があります。理由はシンプルで、日々の生活がとても大変だからです。これは経済的な面のことではなく、得意ではない家事に追われ、その中で子育てをするということ。特に、子どもが小さい場合は、仕事との両立はそう簡単ではありません。

ご飯を作り、食べさせたらお風呂に入れて、寝かせて、食事の後片付けをします。朝は時間がないので、夜のうちに洗濯。そう考えると、1日の労働はかなりのものだと思います。そのため、会社に残業を免除してもらったり、同僚に助けてもらったり。つまり、会社での自分の立場がどんどん小さくなっていくので、プライドが傷ついてしまうのです。これを男社会からの転落と感じる人も少なくありません。

そんなこともあって、男性は家事や子育ての負担を少しでも減らしたいと思っています。その延長線上に再婚という選択があるので、バツイチ子持ちの男性は、再婚を強く望んでいることが多いのです。

女性のバツイチと男性のバツイチの違い

女性でも、バツイチ子持ちの方はたくさんいますが、男性と比べてあまり悲壮感がありません。いったい何が違うのかというと、「助けて!」と言える素直さが違うのだと思います。親や近所の人、友達などに助けを求めることができる人が男性に比べて多いので、切羽詰まったところまではいかないのです。

加えて、同姓の友達と気軽に行き来できる点も大きいと思います。男性のバツイチの場合には、近所の女性が出入りをしていると、妙な噂が立ちかねません。でも、女性のバツイチの場合には、そんなことが起きないのです。つまり、家事や子育てにおいて、助っ人を確保しやすいという点が、大きな違いなのです。

こういったポイントをしっかり踏まえることは、バツイチ子持ちの男性との再婚には欠かせません。本当は「助けて!」と言いたいけれど、プライドがあって言えずにいる男性も多いのです。それを理解すれば、相手の本当の気持ちが見えてきて、アプローチもしやすくなるのではないでしょうか。

【関連記事】
再婚相手、高望みしてもいいですか?
バツイチはモテるって本当?
バツイチがモテる相手とモテない相手がいる理由
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。