最近、キッチンの選び方が、ずいぶん変わってきています。選ぶ時は、そのまわりのダイニングセットやソファ、照明、床やタイルなど、またそのバランスも考えることが大切にされるようになりました。

これは、キッチン空間がオープンになり、キッチン本体がインテリアの一部として考えられるようになったということです。こう考えると、キッチン選びも楽しいですよね。

そんな考え方を端的に示してくれるショールームが名古屋に誕生しました。
それがトーヨーキッチンスタイルの「天空のショールーム「TOYO KITCHEN STYLE THE HOUSE」」です。早速、訪ねてきました。
床からキッチンまで輝きで満たされています。

足を踏み入れると、床からキッチンまで輝きで満たされています。


「天空のショールーム」をテーマにリニューアル

トーヨーキッチンスタイルは、名古屋本社のショールームを夢のような空間に増築リニューアル。ガラスの箱を積んだような外観は、すでに地元のランドマークになりつつあります。展示面積は800坪。インテリアデザイナーで「ザ・ペニンシュラ東京」など数々の商業施設を手がける橋本夕紀夫さんが、「天空のショールーム」をテーマに設計しています。
リニューアルしたトーヨーキッチンスタイル本社

リニューアルしたトーヨーキッチンスタイル本社。橋本夕紀夫さんが設計した「天空のショールーム」


同社のキッチンの大半は、空間の中央に、家具のようにぽんと置くだけで絵になるスタイル。複雑なプランは必要ありません。
花柄の床とV字フォルムのキッチン。メタリックな扉材が調和

花柄の床とV字フォルムのキッチン。メタリックな扉材が調和


洋服を選ぶようにキッチンを選び、帽子のように照明を、バッグのように椅子やソファを、靴のように床材を選ぶ……。キッチンまわりは、そんな「ファッションコーディネート」の考え方で選んでいけるのです。
キッチンと照明、ハイスツール、床材、ソファを組み合わせた例

キッチンと照明、ハイスツール、床材、ソファを組み合わせた例

2階には、ライフスタイルのすべてのものが揃うということで、オリジナルや輸入のバスタブや洗面が。浮遊感ある空間の視覚効果は、想像以上です。
奥のバスタブが置いてあるところが、気になる凸部の窓です。

奥のバスタブが置いてあるところが、気になる凸部の窓です。


バスタブや洗面ボウルもキラキラです!

バスタブや洗面ボウルもキラキラです!


オランダの家具からイタリアのタイルまで

3階はアジアでは初めての専門フロアとなるオランダのインテリアブランド、モーイ社の家具エリアがあります。オランダで提案するブランドプレゼンテーションを活かし、モーイの家具の持つ空気感を見せています。
オランダ・モーイ社の家具を集めたフロア

オランダ・モーイ社の家具を集めたフロア

こういった強い個性のデザイン家具って、ひとつひとつ見ると、ちょっと不思議なデザインですが、統一した空間の中で見ると、しっくりおさまっています。
一つ一つのデザインや柄が強いにも関わらず、集合すると統一されて見えます

一つ一つのデザインや柄が強いにも関わらず、集合すると統一されて見えます

そして4階は、トーヨーキッチンスタイルで、とくに売り上げが伸びているというモザイクタイル。イタリアで高品質なベネツィアンモザイクを生産するシチス社のタイルをはじめ、大判のパネルで見られるのがポイント。小さいサンプルで見てもわかりにくいのがタイルですから、空間イメージがつかみやすい展示になっています。
大判のタイルパネルを展示するフロア。

大判のタイルパネルを展示するフロア。空間イメージが沸きます。

特に見どころは、江戸時代に活躍した絵師で「奇想の画家」と呼ばれている伊藤若沖の作品を復元したエリア。筆の流れまでを再現したモザイクタイルの表現力を存分に見せます。
伊藤若沖の絵画を再現したモザイクタイル

名古屋ショールームの目玉は伊藤若沖の絵画を再現したモザイクタイル


こういった家具を組み合わせて映えるのが、トーヨーキッチンスタイルのキッチンとも言えます。とにかく個性的な空間がほしければ、トーヨーキッチンスタイルは要チェックでしょう。

シークレットガーデンや秘密のバーも?

そして実はこのショールーム、とってもシークレットな空間があります。下の写真は、一見してはわからない秘密のドア。この先には、こんな夢のようなお部屋が……!
秘密のバーへの扉

さり気なく、でも気になるのが秘密のバーへの扉

ワインセラーを備えた天空のバーです。実はここ、特別なお客様だけがご案内されるという場所。ここに通される人のキッチンは一体どんな風に仕上がるのか、想像してしまいますね。
ここが秘密のバー!曲面を多用した幻想的な空間。

ここが秘密のバー!曲面を多用した幻想的な空間。

さらにトーヨーキッチンスタイルでは、屋外空間もライフスタイルの一部と考えているそうで、屋上にはガーデンテラスの提案もあります。
屋上の「ジャルダン・スクレ(秘密の花園)」がここ。

屋上の「ジャルダン・スクレ(秘密の花園)」がここ。

実をつけたり、香りのある草木を植えたり、オリジナルの電飾を施したりしたアーティフィシャルツリーが夜景の中で輝きます。もちろんすべて購入可能。
LEDで光るオリジナルのツリーが、夜空に映える

LEDで光るオリジナルのツリーが、夜空に映える

とてもゴージャスなショールームですが、決して敷居は高くありません。もちろん誰でも入れます。気になった人は、名古屋を訪れることがあったら、一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ショールームの外観写真

場所は地下鉄東山線の一社駅から徒歩5分ほど。

■ショールーム情報
TOYO KITCHEN STYLE THE HOUSE
〒465-8670 名古屋市名東区一社2-21
TEL:052-709-1040
営業時間:10:00~18:00
休館日:水曜日(祝日の場合は木曜日)/夏期/年末年始

(取材・文 本間美紀)



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。