トップの高さと毛先のハネ感で印象を操る

トップに高さを出してフォーマル感を持たせながら、毛先のハネでカジュアルダウン。ツイストで編んでいるサイドは髪が短いので、どんどんねじり足して立体感を出すのがコツ。ハーフアップで髪をまとめたときに、はらりと落ちるサイドの髪はそのままにして自然な動きを生かしましょう。
hair&make KEIKO(anti)

hair&make KEIKO(anti)


ベースのスタイル

レイヤーが軽く入ったショートボブベース

レイヤーが軽く入ったショートボブベース

レイヤーが軽く入ったショートボブベース。髪の硬さ、量、太さともに普通で、くせもないので扱いやすい髪質です。

 

おすすめのタイプ

髪質:柔らかい
クセ:なし
太さ:普通


ヘアアレンジの方法

硬めのワックスを全体につける

硬めのワックスを全体につける

1.髪全体に硬めのワックスをつける。

 
トップからざっくりと三つ編みを作る

トップからざっくりと三つ編みを作る

2.トップからざっくりと三つ編みを編んでピンで留める。

 
トップを引き上げる

トップを引き上げる

3.トップの髪を引き上げて高さをプラス。

 
左右でツイストをつくり後ろで固定

左右でツイストをつくり後ろで固定

4.サイドの髪は2つの毛束を取ります。それぞれ前に向かってねじり、2本の毛束をツイストし、うしろで左右のツイストをピンで固定。ツイストしていて髪が足りなくなったら外の毛束をねじり足して。

 
次ページでは「上手く仕上げるポイント」を、紹介します。