「福ちゃん」で焼きそばをいただく

ひときわ、いい香りを放っているお店があった。店頭の鉄板で焼きそばを焼いているお店「福ちゃん」だ。「ソース焼きそば 三五〇円」という垂れ幕もいい。
いい香りが漂っている

福ちゃん 台東区浅草1-1-12 浅草地下街

中に入ると、カウンターとテーブルがあった。カウンターに着席し、焼きそばを注文。先客はビールを飲みながら焼きそばをつまんでいる。ソース焼きそばを注文した。
銀のお皿に盛られているのがいいね

ソース焼きそば 350円

味が濃いのかなと思ったらそうでもない。むしろ味付けは薄目。目の前にソースやマヨネーズがあって、それをかけて自分の好きな味にするようだ。具はキャベツのみ。麺は四角い麺。しかし、気になったのは350円の焼きそばの他に「カレーソス焼きそば 450円」と「牛すじ焼きそば 500円」というものある。
これは旨い。甘辛い牛すじのタレがいいね。

牛すじ焼きそば 500円

後日、牛すじ焼きそばを食べてみた。あー、これは旨い。甘じょっぱいタレで煮こまれた牛すじが焼きそばとともに炒められている。こんにゃくなども入っている。前にいただいたソース焼きそばは味が薄く、自分でソースやマヨネーズをかけていただいたものに対して、こちらはきちんと味が出来上がっていて、何もかける必要はない。これはビールに合うなぁ。今日は飲まないけど。
福ちゃんのすぐ隣に改札がある

地下鉄浅草駅 松屋 隅田公園方面改札

この改札を出てまっすぐ進むと、また違う世界があった。それはこんな景色だ。
こちらはまさに平成のデパ地下!

松屋浅草のデパ地下が広がっている

同じ地下街にありながらまったく違った世界が広がっていた。松屋デパートの中を通って、地上に出た。焼きそばはおいしかったけれど、量は少なめ。ビールと合わせてちょうどいいくらいかな。そうだ、以前の記事「浅草に『あれ』が食べれるお店があると聞いて」でも紹介した偕来にでも行ってみようかと歩いたら、なんともショッキングな貼り紙があった。2015年の1月末に店を閉じたようだ。
浅草地下街の福ちゃんまでの動画はこちら。晴れた日に撮影。
福ちゃん
東京都台東区浅草1-1-12 浅草地下街
火~金
11:30 - 21:00
土・日
11:00 - 20:00
定休日:月曜日

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。