浅草地下街を探訪する



浅草界隈を散歩しようと出かけたら、雨が降ってきた。そうだ、こんなときは地下街だ。浅草には歴史のある地下街がある。
下りて行くのはちょっと怖そうな入口

松屋浅草というデパートの前に地下街の入口がある

東京メトロ銀座線・浅草駅の地下街は昭和で時間が止まったままの状態だ。昭和といっても50年代や60年代ではない。もっとずっと前、30年代とか40年代くらい、いや20年代といってもいいのかもしれない。そのあたりはまだ僕も生まれていないので、想像でしかないんだけれど…。ただ、初めて訪れた昭和50年代でさえ、まだ東京にこんな場所があるんだと思ったほど。
「焼きそばundefined福ちゃん」が気になる

店の名前がズラリと並んだ看板

階段そのものがなんだか古そう。しかもいろいろなパイプや電線などがむき出しになっている。
奥にカット専門700円の看板が見える

下りたら、そこは立ち食いそば屋さん

階段を降りると、そのまま立ち食いそば屋さんのカウンターの前に出る。いきなりカオスなかんじだ。右に曲がってシャッターを切る。立ち食いそば屋さんの隣は理容店で、カット専門700円の文字。す、すごい。
なんと700円で髪の毛をカットしてくれるようだ

カット専門店、カットセブン浅草店

1000円カットは今では珍しくないけれど、さすがに700円は安い。中をのぞいてみたら、椅子が3席あって、満員。待っている人もいる。人気のようだ。
天井はパイプなどがむき出しだ

けっこういろいろなお店が入っている

整骨院、タイ料理屋、居酒屋、お寿司屋さんなどもある。天井にむき出しになっているパイプなどがなんともカオスだ。
昔ながらのお寿司屋さんだ

亀寿司 東京都台東区浅草1-1-12 浅草地下街

このお寿司屋さんの先に階段があり、地上にあがれるようになっている。
この看板の先にはさっきとは別の理容店があった

階段の途中には店の名前が書かれた看板があった

階段をあがると、アーケード商店街があった。入り口はとても狭く、見落としてしまいそうなかんじ。
見逃してしまそうな狭い入り口

宮田レコードと銀だこの間にある地下街入り口

アーケードだから、こちらも雨に濡れない。アーケード商店街をちょっと散策し、再び、階段を降りて、地下街へ。そうだ焼きそばを食べに行こう。