風水が効果ある人、ない人の違いとは?

金運をアップさせる方法

金運をアップさせる方法

風水のパワーを暮らしに取り入れて、幸運&金運体質になるには、今がうってつけの時期!何を心がけ、どんな行動をとれば、最強のラッキーを手にできるのか――。All About家相・風水ガイドで風水歴40年の風水心理カウンセラーの谷口令さんに金運が簡単に上がる方法についておうかがいします。(インタビュー第3回『金運がザクザク上がる!2015年のパワースポットはどこ』から続きます)

――風水を取り入れて運を切り開くことができる人もいれば、“まったく効果がなかった”という人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか。

谷口令さん 風水には、「天・人・地(てん・じん・ち)」という考え方があります。“天”というのはタイミングのこと。どういう時にタイミングを掴むのか。“人”は、自分を信じる力であり、強い思いや人への思いやりを指します。そして“地”は、暮らしや生活、仕事など、自分を取り巻く環境や努力。この3つをバランスよく持つことで、運を呼び込むことができると言われています。

これまで風水を取り入れても効果がなかったという人は、どこかちぐはぐな行動をしている可能性があります。良い場所で過ごしていても、部屋がグチャグチャで気の流れが悪かったり、意識が後ろ向きだったり、タイミングの悪い時期に行動をしていたり。そうなると、うまく流れに乗ることができなくなってしまいます。

――タイミング、心の持ち方、環境の3つが揃うことで、風水のパワーが生きると。

谷口さん なかでも一番大切なのは、“人”の部分、心の持ちようだと私は考えています。精神的な意識をどう持つかがとても重要です。前向きな気持ちで日々を過ごし、感謝の気持ちを大切にするといった、心の持ちようが、運を引き寄せる一番の秘訣です。「人」次第で、いくらでも強運になることができると思っています。

そして、笑顔も大切です。実は風水の教えでは、“お金”と“笑顔”は同じ位置・場所に属するものなんです。ですから、金運を上げる一番いい方法は、常に笑顔でいること。「笑う門には福来る」と言いますが、笑顔でいると福もお金もよってくるのは本当です。どんな時も笑顔でいることを意識して過ごすことで、笑顔が習慣づいてきます。

――日頃の習慣や行動で意識すべきことはありますか?

谷口さん 規則正しいリズムで生活することですね。それにより、気のリズムも心も整います。私は、子の刻に寝て、卯の刻に起きることを日課にしています。子の刻とは、23時から25時の間で、卯の刻というのは、朝の5~7時。朝のエネルギーは、私たちの体を活性化させてくれます。早寝早起きを習慣づけて早起き体質になれば、前向きで意欲的な自分になり、風水の力をより借りることができますよ。

――まずは生活リズムを整えることですね。

谷口さん 風水では、自然の流れに調和して生きることが一番大切です。心の持ちようにしても、日々の過ごし方にしても、昔から言われている当たり前のことこそが、風水の考え方そのもの。単に、風水のテクニックだけ取り入れて表面的に繕ってもうまくいきません。日々の生活習慣から見直してみましょう。

★次は、自分の居場所をカンタンに「パワースポット」に変える方法です!

【関連記事をチェック】
第1回 2015年風水で最強の金運体質を呼び込むキーワード
第2回 お金持ち財布は緑色?金運を招く財布の作り方

教えてくれたのは……
谷口令(たにぐちれい)さん

undefined

 

All About家相・風水ガイド。風水心理カウンセラーとして風水歴40年、国内外に1万人以上の顧客を持つ。方位学、家相学、移転学、環境学象意学、命名学、筆跡学、観相・人相学など研鑽を重ねて独立し、心理学をプラスした独自のメソッドを構築。メディアや講演活動を通して、毎日の生活に風水や家相を無理なく取り入れる方法を発信している。



取材・文/西尾英子

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。