風水で金運アップのコツとは?

最強の風水キーワードとは

お金が貯まるキーワードは何?

風水では、新しい年の始まりは2月といわれています。風水のパワーを暮らしに取り入れて、幸運&金運体質になるには、今がうってつけの時期!何を心がけ、どんな行動をとれば、最強のラッキーを手にできるのか――。All About家相・風水ガイドで風水歴40年の風水心理カウンセラーの谷口令さんに、5回に渡ってその秘訣をうかがいます。

――そもそも「風水」とは、どういうものなのでしょうか。

谷口 令さん 
風水は本来、敵に勝つための成功哲学として、中国で生まれた環境学です。ですが、私たちが行っている日本の風水は、相手をやっつけるためのものというよりも、自分の環境を整え、自然界の気(エネルギー)の流れに乗って行動することで、運を切り開いていくというもの。心を豊かにすることを目指したものです。自分の心が豊かになると、他人や周りにも優しくなりますよね。

――2015年、幸運を手にするために取り入れるべき風水を教えてください。

谷口さん 2015年をラッキーに過ごすコツは、「前向きに挑戦すること」。それが幸運のカギになります。迷っていることがあるなら、チャレンジあるのみです。

風水では、自然界のエネルギーを九つの星(一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星)に分けて「九星」と称しており、それぞれの星が違った意味を持っています。私たちは、これらの星からのエネルギーを多大に受けているのですが、毎年、影響を受ける星は変わっていきます。その年に影響を及ぼす星からのメッセージとパワーを受け取って過ごすことが大事です。

2015年は、「三碧木星」(さんぺきもくせい)のエネルギーが蔓延する年です。三碧木星の特徴は、“向上心が強くエネルギッシュ”。この星のエネルギーに沿った行動や考え方で過ごすことで、幸運を引き寄せることができますよ。

――これまであたためていた構想を形にしたり、迷っていたことを行動に移すなど、なにかを始めるには、うってつけの年だということですね。今年、身に着けるべきラッキーアイテムはありますか?

谷口さん 三碧木星のラッキーカラーである「フレッシュグリーン」が今年の幸運色。その年のラッキーカラーを暮らしのなかに取り入れることで、パワーを得ることができます。ラッキーアイテムは、「新芽」です。新芽が出る小さなグリーンをデスク回りに飾ってみてください。芽がぐんぐん伸びていく植物は、自分を元気にし、運を呼び込みます。ペットも幸運アイテム。ペットが動くことで、空気が動き、気の流れが良くなりますよ。

――「金運」を呼び込むには、どんなことをすればよいのでしょうか?

谷口さん 
言葉の持つ力、言霊パワーが強い年なので、口にした言葉が現実になりやすいのです。“こんなことをしたい”“あんな風になりたい”など、かなえたい思いや夢など、前向きでチャレンジングな言葉をどんどん発してください。お金持ちになりたいのなら、お金に関するポジティブワードをたくさん口にすることです。

ただし、言葉の影響を受けやすい分、ネガティブワードを発すると、どんどん悪い現実を招いてしまいます。自分の行動や言葉が未来を創るということを忘れないでください。

★10つのキーワードを取り入れて過ごすことで最強の幸運体質になれる!
<2015年を最高の年にする10のキーワード>
「前向きに挑戦する」
1 新しい
2 未知
3 成長
4 発展
5 時間
6 言葉
7 流行
8 積極性
9 植物
10 音楽

★次はお金持ちになれる「お財布」の作り方です

教えてくれたのは……
谷口令(たにぐちれい)さん

undefined

 

All About家相・風水ガイド。風水心理カウンセラーとして風水歴40年、国内外に1万人以上の顧客を持つ。方位学、家相学、移転学、環境学象意学、命名学、筆跡学、観相・人相学など研鑽を重ねて独立し、心理学をプラスした独自のメソッドを構築。メディアや講演活動を通して、毎日の生活に風水や家相を無理なく取り入れる方法を発信している。



取材・文/西尾英子

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。