絵の具を使えば簡単!チェック柄セルフネイルにトライ

ブラウンやベージュ系で作るとシンプルで大人っぽいチェックネイルに仕上がる

ブラウンやベージュ系で作るとシンプルで大人っぽいチェックネイルに仕上がる

大人カジュアルな雰囲気が楽しめるチェック柄は、季節を問わず人気のデザイン。太さがマチマチになってしまう人は、ポリッシュについているハケの幅を活かすと上手に仕上がります。また、あると便利なのが細筆タイプのポリッシュ。細いラインも簡単に描けます。
 

アクリル絵の具を使えば何度でもやり直しが可能!

アクリル絵の具を使えば何度でもやり直しが可能!

でも、セルフネイル初心者におすすめしたいのは、ポリッシュではなくアクリル絵の具を使ったやり方です。アクリル絵の具は乾く前は水溶性で、乾くと耐水性になる特性があります。

ネイルカラーは修正できませんが、アクリル絵の具と平筆で描けば、失敗した場合すぐに水でオフして直すことができます。普通の画材店で簡単に揃うので、一度試してみてくださいね。
 

チェックネイルのやり方・塗り方

シンプルなベースカラーを2度塗り

シンプルなベースカラーを2度塗りする

1.まずはベースコートを甘皮周りまでしっかり塗っておきましょう。次に、上品なベージュのベースカラーを2度塗りします。柄を重ねるのでベースはシンプルな色を選びましょう。
 

アルミホイルの上にアクリル絵の具を取る

アルミホイルの上にアクリル絵の具を取る

2.柄を描くのに便利なアクリル絵の具を用意します。アルミホイルの上で、茶色と白を混ぜて、ミルキーな茶色を作ります。

もちろん茶色をそのまま塗っても問題ありませんが、絵の具を混ぜあわせて好みのカラーを作るとさらにセルフネイルが楽しくなりますよ。
 

力を入れずにスッと線を引く

力を入れずにスッと線を引く

3.ベースカラーが完全に乾いてから、平筆に絵の具を取り、描きやすいところからハケの幅を活かして線を引きます。縦に2本、横に3本引くので、間隔をなんとなくイメージしておきましょう。失敗したら、コットンに水を含ませて優しくオフ。
 

同様に、横線を引いていく

同様に、横線を引いていく

4.縦線が描き終わったら、次に横線を引いていきます。少し線がかすれても、ニュアンスが出るので気にしなくてOKです。あえて線の幅をランダムにしてもオシャレ。
 

白いラインテープを縦・横に貼る

白いラインテープを縦・横に貼る

5.市販のラインテープなどをプラスするときっちりとしたラインで全体が整います。

まず白いラインテープを縦横に貼り、貼り終わってからそれぞれ長さをカット。ピンストライプ柄にも応用できるテクニックです。
 

細めのゴールドのラインテープを縦横に貼る

細めのゴールドのラインテープを縦横に貼る

6.さらに縦横に細めのゴールドのラインテープを貼って、キラめきと奥行き感を演出します。
 

トップコートを重ねて仕上げる

トップコートを重ねて仕上げる

7.最後にトップコートを重ねます。アクリル絵の具×ラインテープのチェック柄ネイルの完成です。
 

チェックデザインバリエーション

カラー使いでキュートからエレガントまで!

カラー使いでキュートからエレガントまで!

(左)ハートのバレンタインチェック
ドキッとさせるビビッドな発色のマゼンダピンクのベースに、黒のチェックを重ねます。そのままの黒だとコントラストが強く出すぎてしまうので、水で薄めて透明感のある黒に。ゴールドのハートのパーツを根元に飾れば、バレンタイン仕様に。

(中央)アクリルならではの透けカラー
ブルー、イエロー、ピンクと重ねるチェック柄のカラーは、それぞれアクリル絵の具を水で薄めて透明感のある色味に。重ねた時の中間色が美しい、オシャレなチェック柄です。最後にゴールドのラメで爪全体を囲み、デザインを引き締めて。

(右)パステルのスイートチェック
ホワイトのベースに、パステルピンク、ライムグリーン、レモンイエローなど可愛らしいカラーでチェック柄をオン。太さや間隔もランダムに描いていきます。全て薄めのカラーなのでなじみがよく、さりげないチェック柄を楽しめるデザインです。
 

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、GINZA(03-6252-3300)、
HIROO by More Couture(03-3442-1155)NAGOYA(052-541-6661)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。