今回は、我が家のねこ達をモデルに、iPhoneでねこを撮るポイントについて解説します。

多分、ペットと一緒に暮らす方は、みなさんそうだと思いますが、自分の家のねこや犬だけが可愛いと思っているに違いありません。なので、その一挙手一投足、すべてが可愛い対象ですよね。それだけに、なんでも可愛いしぐさから、可愛いところを厳選して撮ることがポイントになります。

自分ちのねこは、すべてのしぐさが表情が可愛い!

自分ちのねこは、すべてのしぐさが表情が可愛い!


また、子ねこなら、いくらでも可愛いシーンを撮ることができるのですが、大人の成ねことなると、なかなか可愛いしぐさやシーンも少なくなります。それだけに、可愛いと思ったシーンを逃さず撮ることが大切でもあるのです。

なお、我が家にはねこが3匹いますので、被写体は必然的にねこですが、撮り方のポイントとしては、愛犬もいっしょです。ですので、犬を飼われている方は、ねこを犬に置き換えて参考にしてください。また、今回は、基本的に室内飼いのペットを対象にしています。