自分は相手にとって、理想の人になっている?

その理想通りの相手にとって、あなたは理想的?

その理想通りの相手にとって、あなたは理想的?

運よく、自分の理想通りの相手と出会えたとしても、その相手にとってあなたが理想的かどうかは分かりません。

例えば、「それなりの社会的地位がある人」は、パートナーに対しても、それなりのマナーや教養を求めるかもしれません。

「家族を大切にしてくれる人」は、自分の両親のことも大切にする人も多いので、同居を求めることもあるかもしれません。
ある程度の年齢になれば、親の介護も必要となります。そのときに価値観の不一致が出てくることもあるでしょう。

人は誰もが、「自分にとって都合の良い相手」を求めがちです。
でも、自分も相手にとって「都合の良い相手」にならないと、お互いの需要は一致しませんよ?

自分のことはさておき、相手に求める理想ばかり高くなっていないかをよく考えてみましょう。