スズキの新型軽自動車アルト試乗! アクセルを踏むと…?

スズキ新型アルト

スズキ新型アルトの気になる走りは?


軽自動車本来の「方向性」はベーシックカーである。豪華路線を歩めば利益は追求出来るかもしれないが、やがて「なんのために軽自動車は普通車より安い税金に抑えているのか?」という批判にさらされることになるだろう。結果的に軽自動車の将来に悪い影響を与えると思う。

アルトのような軽自動車なら誰もが「公共交通機関の無い地域の重要な交通手段」と認識し、異論を挟まないだろう。……と、前置きはこのあたりにして試乗と行きましょう。まず売れ筋になるCVT仕様から。Dレンジをセレクトし、アクセル踏むと「ややや!」。期待通り軽快である。

新型アルト

驚くべき軽さだが、安定感も問題なし!


なにしろ車重650kgと驚くほど軽い! ダイハツの最新軽自動車であるムーヴの場合、売れ筋グレードは820kg程度。人間の体重をイメージしていただきたい。アルトの65kgに対し、ムーヴ82kgということ。搭載されているエンジンは660ccでほぼ同等。何と17kgも太ったようなものです。

それでいて使い勝手を犠牲にしているかとなれば「いいえ」。運転席はもちろん、後席のレッグスペースなども同等。大人4人が余裕で座れるのだった。アルトに乗るとムーヴはムダに太っているような気がします。また、軽いから安定感がないかとなれば、そんなことはない。

アルトの「シンプルで軽くて扱いやすい」という“特徴”は新鮮!

さらに驚くのが燃費! 試乗コースは流れの良い一般道だったこともあり、普通に走って25km/Lくらい走ってしまう。燃料タンクは27Lと決して大きくはないものの、満タンで600km前後走ってくれる。で、20L入れたら2600円。このくらい燃費が良いとガソリン代も気にならない。

新型アルト

普通に走って、ご覧の通りの燃費


試乗会場にはベーシックグレードの5速マニュアル車と、5速マニュアルを油圧で行うASGという変速機のモデル(ペダルは2つなのでAT免許で乗れる)も用意されていた。5速マニュアル車は一段と軽い610kg! もはやこの軽さだと普通のエンジンでもスポーティに感じてしまう。

試乗車は制御系の完成度がイマイチで、アクセルを踏んでからパワーが出るまでのタイムラグが大きいなど違和感があったけれど、上手に仕上がってくれば楽しいクルマになると思う。最近のクルマはドンドン豪華になっていく。そんな中、シンプルで軽くて扱いやすいという“特徴”は新鮮な感じ。

ASGについては「今の味付けだと厳しいですね」。加速時にクルマが自動でクラッチを切ってギアを変え、クラッチを繋ぐ動作を行うのだけれど、遅くて不自然。そもそもCVTの仕上がりが良く、燃費だって勝てない。もう少しキッチリ仕上げないと商品として難しいと考えます。

新型アルト

この軽さだと軽自動車のエンジンでもスポーティに感じてしまう


ということで、アルトのCVTについては大いに推奨したい。足としてだけでなく、軽さが効いているのか乗って楽しいのだった。私ならマニュアルを選ぶ。サスペンションに手を加えたり、ラリー車のような補助灯を付けたりするなど手を加えて遊んだっていい。ASGについちゃ試乗して決めてほしい。

【最近の記事】
スズキ新型アルトは単なるECOカーで終わらない?
マツダ新型CX-3 世界戦略車種への大いなる期待
ダイハツ新型ムーヴ おすすめのグレードは?



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。